音声作品のシナリオ・台本制作を外注して失敗したなーと思った体験談

画像

皆さん、こんにちは!

 

ここでは「音声作品のシナリオ・台本制作を外注して失敗したなーと思った体験談」を書いていきたいと思います。

 

シナリオ・台本制作の外注を考えている方の参考になれば幸いです。僕の失敗体験談を是非、参考にしちゃって下さい!w

 

それでは、詳しく見ていきましょー。

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w

 

 

シナリオ・台本制作の外注をしようと思った経緯

画像

僕の場合、シナリオ・台本は、基本的に自分で制作しています。

 

その方が、自分の好きな作品ができるし…何よりもお金が浮くから!w

 

だけど、自分で台本制作を進めていると、他の人が書いたシナリオ・台本を一度見てみたい!という衝動に駆られたんです。

 

経験者の方が制作する台本を見て、何か思いつく事があるかもしれないし、良い経験になるかもしれないなー?と思いまして。

 

って事で、クラウドワークス&ランサーズを利用して、外注をしてみました。

 

シナリオ・台本制作の外注の費用

画像

シナリオ制作の外注は初めてだったので、できるだけ費用は安く済ませたい…貧乏な僕はそう思いました。

 

そして、出来る限り、色々な方の提案を見てみたいなぁ。と思ったので、プロジェクト形式での募集を行いました(僕が条件提示して、応募してもらう方法)

 

って事で、僕が外注した時の概要はこちら!

  • 経験者歓迎
  • 1文字〜2円迄
  • 5000文字程度
  • テーマは5つ。その中から好きな物を選んでもらう
  • 納期はお任せ

 

これで応募が来なかったら、また金額を上げて募集をかけようか…と思っていたんですが、意外と応募がたくさん来ました。

 

2〜3日の内に、5〜10件は応募が!

 

こうして、シナリオライターさんの選考作業が始まりました。

 

僕が考える!シナリオライターの選び方

画像

シナリオライターの募集では、実績やスキルを色々と書いてくれて応募して下さる方が多いので、選ぶのが難しかったです。

 

逆に、熱意とやる気をメインに、アピールされている方もいらっしゃいました。それはそれで、僕的には好きっす。

 

中には、実績やスキルをアピールしながら、応募文章が誤字&変換ミスまみれの方もいらっしゃいました…そこまで長くない応募文章なのに、何故ミスってるんだw

 

そういう方は…お断りボタンを優しくクリック。流石にシナリオライターの募集で、誤字が多い人の応募は受けれないっす…

 

興味があった方には、こちらから質問をしたりして、無事に選考が完了。この時は、3名の提案を採用しました。

 

声優さんへの演技指示(ト書き)についてはどうする?

画像

声優さんへの演技の指示。これって大切です。いわゆる「ト書き」ってやつっす。

 

できれば、シナリオを手掛けた方に演技指示(ト書き)も書いてもらうのが一番っす(シナリオ書いている人が一番、その時のキャラの心情とか良く分かりますもんね)

 

演技の指示はこんな感じのやつです。

 

(馬鹿にされて怒ってる様子で)
馬鹿って言う方が馬鹿なのよ!そんな事言うんだったら、もうオナサポしてあげないんだから!!このバカぁ!!
(↑ここまで)

 

ただ、この演技指示に関しても、発注する文字数に含まれるかというと微妙な所。依頼を確定する前に、話を詰めておきましょう。

 

実際にシナリオ制作を外注してどうだった?

画像

正直な所、シナリオライターさんの得手、不得手もあるかと思いますが、当たり外れが大きいかな?と感じました。

 

ライターさんとの相性&イメージの擦り合わせは大事っすね。

 

業務の途中で、色々とこちらに提案・質問をして来てくれる人もいれば、いきなり納品をされた方も。

 

納品されたシナリオを確認する時は、ドキドキでしたね。どんな風に仕上がってるんだろう?ってワクワク、ドキドキっす。

 

結果として、3名の内、ほぼ手直し無しで音声制作に使えたのは1名だけ。

 

逆に、その1名の作品はマジでレベルが高いと感じました。台本読んでるだけで、勃起したもん。

 

それでも、他の方が書いたシナリオを見れるってのは、良い経験したなぁ。って感じました。プラス思考大事っす。

 

シナリオ制作を外注して失敗だったと感じた事

画像

僕の出したテーマ&お題をほぼ無視して、独自のストーリーを展開されている方がいらっしゃいました。はい。これ、9割5分は手直ししました。泣きそうだった。

 

本来ならば、修正依頼を出すべきだったんでしょうけど、修正依頼しても、同じような内容が来るんだろうなぁ…と思ったので、それで納品完了って事に。

 

もうちょっと、業務の初めにイメージの擦り合わせをしとくべきでしたね。

 

後は「シコシコ シコシコ シコシコ アンアン!! シーコシーコ アァンアァン アンアン アァンアァン!! シコシコ シコシコ アァンアァン!! シーコシーコ」などの文字を連発して、文字数稼ぎ…?と思われる様な内容もありました。

 

もうなんて言うか、見ていて目が腐りそうだった。僕はこれに金を払うのかと、意識を失いそうになった。

 

R18のシナリオなんだけど、見ていてチンコが勃つどころか、台本読みながら、普通に声出して笑ってましたよ。僕。フフフ。

 

まぁ…これも良い経験ってやつっすね。

 

終わりに&後書き

画像

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

この記事が、何らかのお役に立てれば幸いです!

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w