同人音声作品の売上を勝手に計算!?音声作品制作は儲かる?副業にできる?

画像

皆さん、こんにちは!

 

ここでは「同人音声作品の売上を勝手に計算!?音声作品制作は儲かる?副業にできる?」について書いていきます。

 

同人音声作品の売上計算って、とっても簡単なんです。そして、音声作品の制作は儲かるのでしょうか?副業にする事はできるのでしょうか?

 

次に、詳しく見ていきましょー。

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w

 

 

同人音声作品の売上計算方法とは

画像

 

同人音声作品・ボイスで有名な販売サイトはこちら!

 

こちらの2つの販売サイトですが、両方とも「同人音声作品の販売数」が公開されています。

 

例えば、人気があるこちらの作品「【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ〜っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)」を例に見ていきましょう!

 

販売ページのイラストの下&ランキング表示の下には「販売数:XXXX」と表示されています。

 

これが実際の販売数となるので「販売価格 × 0.5 × 販売数」が売上額の目安となります。

 

販売サイトの手数料が30〜70%程度となるので、上記は目安として50%としています(販売価格・販売サイトによって手数料は異なります)

 

また、これが実際の売上額になるのか?というと、セールへの参加や、割引の実施などによって同人サークルの手取りは変わるので、あくまでも目安といった所ですね!

 

ザックリと…1000円で販売している作品が1000本売れた場合、手数料は約40%となるので…60万円の手取りとなります。

 

同人音声制作って儲かるの?

画像

同人音声制作って儲かるの?って事ですが…

 

売れれば儲かるでしょう。ただ、音声作品の場合、業界規模はそこまで大きくない(と思う)ので、儲かるか?と言われるとウーン…

 

有名サークルになる事ができたり、何らかのキッカケでバズる事ができれば、一攫千金のチャンスも残されているかとは思いますけどね!

 

新規に設立したサークルの場合は、何らかの戦略(声優さんとか、ジャンルとか、内容とか、イラスト)がないと中々難しいんじゃないかな?

 

お金は二の次で、好きな物を作る事を目的としているサークルさんが多いってのも、特徴的かな?ちなみに、僕も好きな物を作るという事を目的として、マニアックなジャンルばかり攻めていますw

 

同人音声制作って副業にできる?

画像

同人音声制作って副業にできる?って事ですが…答えはできます。

 

と言うか、副業として同人音声制作を行っている方が多いのではないでしょうか?中には専業の人もいるとは思うけど、少数派じゃないのかな?

 

本業が終わった後にでも、ちょっとずつ台本制作を進めて行ったりする事はできるし、空いた時間で業務を外注するってのも十分に可能です。

 

ただ、アルバイトや請負の仕事などとは違って、働けば必ず報酬(対価)を受け取れる訳ではありません。先行投資は必要ですし、必ずしも利益が出るとは限らないという事には注意が必要ですね。

 

終わりに&後書き

画像

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

この記事が、何らかのお役に立てれば幸いです!

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w