同人音声・漫画で、予告作品販売は必要?予告販売制度の考え方

画像

皆さん、こんにちは!

 

ここでは「同人音声・漫画で、予告作品販売は必要?予告販売制度の考え方」について書いていきます。

 

同人サークルで作品を発売する時「予告作品登録・予告販売」というのがあります。これって利用した方が良いんでしょうか?どういうメリットがあるんでしょうか?

 

それでは、詳しく見ていきましょー。

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w

 

 

予告作品登録・予告販売って何?

画像

FANZAも、DLSITEも、新しく同人作品を登録する時、

  • 新規作品登録
  • 予告作品登録

の項目があります。

 

新規作品登録の場合、作品データ本体の登録が必要となります(販売日はこちらで指定する事が可能っす)

 

予告作品登録の場合、作品データ本体の登録は必要ありません(サムネとかサンプルは登録するんだけどね!)

 

んで、予告作品登録ってのは何?って事ですが、〇月〇日頃に、こんな作品を販売する予定だよー!と予告する事が出来るんです。

 

有名サークルさんとかだと、予告作品登録を利用しまくっていますよね。

 

ちなみに、同人系の「マンガ・ノベル・CG・イラスト・ゲーム・動画・音楽・音声・素材」で予告作品登録が出来ますよ!

 

予告作品登録・予告販売のメリット

画像

じゃあ、予告作品登録をする時のメリットって何よ?って事ですが、こちら!

  • 発売予告作品に登録されて人目に触れる機会が増える
  • 販売開始時のスタートダッシュが良くなる

 

予告作品に登録する事で、発売予告作品の項目にアップしてもらえます。

 

これによって、販売予定をチェックしているユーザーさんの目に触れてもらう事ができます。

 

良さげだな…と思ったら「お気に入り」に入れてくれたりしますし。実際に販売開始した時の売れ行きが変わってきますよね。

 

予告作品登録のデメリットとしては、

  • 早く販売開始したい場合は向いてない
  • 予告作品登録をするのがちょっとだけ面倒

 

作品を作ったから、早く販売したい!という場合には不向きです。

 

また、予告作品登録を行う手間が、少しだけかかります(手間と言っても、販売登録とつながっているので、そこまで手間ではないけどね!)

 

予告作品登録・予告販売をするべき?

画像

予告作品登録・予告販売をするべき?と言うと…僕の見解としてはするべきです!w

 

特にサークル名が知られていない内は、少しでも人目に触れてもらう為にも、発売予告作品としてもチェックしてもらえれば有難いです。

 

お金がかかる訳でもないしね。

 

これをする事によって、宣伝にもなりますし…少しでも販売数が伸びたら嬉しいですもんね。

 

そんなに難しい事ではないので、興味がある方は是非活用してみて下さいね!

 

終わりに&後書き

画像

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

この記事が、何らかのお役に立てれば幸いです!

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w