初心者でも簡単!同人音声作品の作り方・制作方法

画像

皆さん、こんにちは!

 

ここでは「初心者でも簡単にできる!?同人音声作品の作り方・制作方法」を僕の体験談を交えて書いていきたいと思います。

 

同人音声を作ってみたいなー。と思っている方や、制作方法に興味がある方の参考になれば幸いです。

 

それでは、詳しく見ていきましょー。

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w

 

 

同人音声作品を制作する目的

画像

同人音声作品を制作する目的は、販売目的の方が大半ではないでしょうか。

 

いっちょ同人事業に参戦して、儲けてやるぜー!といった方や、自分の好きな作品を作って、ついでに販売して制作費用が少しでも戻って来たら良いなーという方など。

 

中には販売目的ではなく、お気に入りの声優さんに、自分だけの音声作品を制作してもらったりといったケースもあるみたいですけどね!

 

僕の場合は、思いっきり販売目的です。とは言っても、面白いモノを制作したい!誰かに楽しんでもらいたい!という気持ちが大きいです。

 

それに、上手に販売して、少しでも利益を得ないと、次の作品を作る費用が……ないですから……

 

そもそも、同人音声作品って儲かるの?

画像

デジタルコンテンツは、一度出品してしまえば、半永久的に売り続けてくれるというのが大きなメリットです。

 

売れるかどうかは別としてw 24時間、年中無休で販売してくれるってのは、とっても有難いっす。

 

まぁしかし、ぶっちゃけた所、僕は儲かってませんw

 

ですが、上手にやっていけば、儲かる可能性も十分に秘めているでしょう。

 

FANZAとかDLSITEの場合だと、作品の販売数が記載されているので、それを見ると売上の予想が付きます。

 

同人音声作品でも、大手と言われる様な所だと十分に生活できるレベルは稼いでいるだろうなぁ。と予想できます。

 

ただ、同人音声作品の事業規模は、漫画・コミック系と比較すると、かなり小さい物だと考えられます。僕の予想っすけどね。

 

同人音声作品を作る時に必要な物

画像

同人音声作品を作る時に必要な物と言えば、お金っす!w

 

同人音声作品を制作するに当たって、全てを一人でする事は、ほぼ不可能なので、何らかの業務を外注する必要があります。

 

何が必要になるかと言いますと…こちら!

  • シナリオライターさん
  • 声優さん
  • 音声編集さん
  • イラストレーターさん
  • 総編集&マネージャーさん

 

同人音声作品を作るのであれば、上記の業務をこなしていく必要があります(イラストに関しては、無くても大丈夫だけど、作品の売上に大きく関わってきます)

 

絵も描けて、音声編集もできて、シナリオも製作できる声優さんだったら、1人で全部できちゃうんだけどね。

 

どこで業務を外注すれば良いのか?

画像

業務の外注に関しては、以下のサイトを利用すれば問題ないっす。

 

 

それぞれのサイトに特徴があるので、自分に合ったものを利用すればオッケーかと思います。

 

そして、サイトによって様々なクリエーターさんが存在しているので、いくつか試してみてはいかがでしょうか?(併用している人も多いけどね)

 

僕はクラウドワークスが一番使いやすいかな?と思ってます。

 

その他に、仕事を頼む方法としては、ツイッターなどのSNSの利用があります。

 

SNS上で、広く募集をしても良いですし、お仕事をされる方へメッセージを送るのもオッケーです。

 

メッセージを送ったりする際には、クリエイターさんの募集条件を良く読んでおく様にしましょうね!

 

シナリオ・台本製作は外注する?費用は?

画像

シナリオ・台本の制作。これは、自分好みの同人音声を作りたいのであれば、自分でやった方が良いのではないでしょうか?

 

自信がないのであれば、自分で大まかにプロット・台本を制作して、クラウドワークスなどで制作・校正してもらうって方法も有りかも。

 

シナリオ・台本製作のお仕事は、1文字〇円という感じになる事が多いです。1文字2〜3円位が多いかな?

 

募集する時は「5000文字〜のシナリオ制作を1万円でお願いできませんでしょうか?」という感じになります。

 

シナリオライターさんに、制作を申し込む場合は、相手が予め提示している料金となります。

 

僕も何回か、シナリオ制作を依頼させてもらった事があるんだけど……シナリオライターさんによって、品質はバラバラでした…

 

中には「台本だけで抜けるんじゃないか!?」といった感じの、高品質のクリエイターさんもいたんですけどね。

 

音声作品のシナリオ・台本制作を外注した時の詳しい体験談はこちら!

 

声優さんに業務を外注する?費用は?

画像

美声をお持ちのあなたであれば、自分でやっちゃいましょう!w

 

とは言っても、美声の他に、スタジオ環境やマイク、そして技術が必要になるんですよね。

 

なので、音声作品制作をする大半の方は、声優さんに依頼する事となります。

 

声優さんに業務を依頼する費用は、1文字〇円という感じになり、1文字3円〜5円位が多いかな?

 

有名な声優さんの場合は、もうちょっと高かったりします。そして、バイノーラル録音をお願いする場合だと、更に値段が高くなるケースが多いです。

 

後、頭に入れておきたいのが、スタジオ費用も必要になるケース。声優さんによっては別途、スタジオ費用がかかる場合もあります。

 

初心者の方は、宅録環境をお持ちの声優さんにお願いした方が良いんじゃないかな?

 

声優さんに仕事を外注した時の詳しい体験談はこちら!

 

音声編集は外注すべき?自分でできる?

画像

声優さんから音源を受けた後に、しないといけないのが音声編集。

 

ノイズ除去や、効果音の挿入など、必要があれば行っていきます。

 

音声編集の注文が多ければ多いほど、値段は上がっていきます。

 

僕は、セリフ間の調整や、サンプル音源を作ったりする程度であれば、自分で行ったりもしますが、基本はプロにお任せっす。

 

一度、自分で頑張って編集を試みたけど、諦めた経験がありますからね……いつかは自分で、できる事を増やしていきたいと考えていますが…プロはやっぱ凄いっすよ。

 

ちなみに、声優さんから受けた音源をそのまま販売とか……しちゃダメよ?

 

音声編集を外注した時の詳しい体験談はこちら!

 

作品紹介イラストは外注すべき?費用は?

画像

作品を紹介する為のイラスト。販売数を少しでも上げたいのであれば、上手な人に外注すべきです。

 

ユーザーの方が、一番初めに目に留まるのがイラスト。それが、文章だけだったら、購買意欲は薄れちゃいます。

 

僕の場合、幼稚園児〜小学生レベルの絵は書けるんですが、それだと絵を貼らない方が売れ行きが良くなると思うので、いつも外注しています。

 

イラストの外注費用は、安くても1枚1万円〜といった所。高ければ…二桁万円とかもあるみたいです。

 

発注内容にもよるけど、平均すると2〜4万円程度でお願いできる事が多いかな?

 

FANZAとかDLSITEで販売上位の作品のイラストだったら、二桁万円〜とかしててもおかしくないのでは?レベル高いし。

 

また、イラストを外注したらロゴも制作する必要があります!場合によっては、ロゴだけ別に制作しなければいけない場合も。

 

イラスト制作してくれる方を募集する際に、ロゴもお願いできますか?と尋ねておいた方が良いですよ。

 

音声作品のイラスト制作を外注した時の詳しい体験談はこちら!

 

同人音声作品はどこで販売すれば良い?

画像

同人音声作品が出来上がりました。では、どこで販売すれば良いのでしょうか?

 

基本的に、この2つのサイトを押さえておけばオッケーだと思います。

 

状況に応じて、他に販売できるサイトを追加しておいても良いとは思うけど、取扱いサイトを増やし過ぎると管理が大変。

 

まずは、上記の2サイトで様子を見ていきましょう!

 

作品を販売した時の各サイトの手数料・手取り一覧表は以下!

 

販売価格が安ければ、手数料が高くなるのは両サイトとも同じ。販売価格が高ければ高いほど手数料は安くなります。

 

ただ、FANZAでは、安い価格で販売した時の手数料が高く設定されています(約7割)

 

しかしながら、各々のプラットフォーム負担で割引サービスをしてくれたりするのは嬉しい所ですね!

 

いざ販売。作品の紹介文、サンプル音声は大事!

画像

音声作品を登録する際には、作品タイトル、作品の紹介文、ジャンル登録、タグ登録、(あれば、サンプル音声)が必要となります。

 

「イラスト&紹介文&サンプル音声」 この3つが、売上を左右すると言っても過言ではありません。もちろん、メインシナリオ&ジャンルも大事だけどね!

 

紹介文については、制作の過程で、ある程度考えておいた方が無難です。どうしても思いつかない場合は、人気がある作品の文章を参考にしちゃいましょう。参考にするだけで、パクっちゃダメっすよ?w

 

準備ができたら、サークル登録&作品登録へ!

 

FANZA・DLSITEで申請、審査、販売開始までの時間

FANZAも、DLSITEも、作品を登録してから審査があります。

 

なので、実際に販売されるまでは、申請日〜2日程度のタイムラグがありあます。すぐに販売してくれる訳ではないので注意。

 

作品の内容・ボリュームにもよるけど、早ければ数時間〜で販売開始してもらえる場合も!

 

土日祝での販売開始を狙いたいのであれば、審査にかかる時間を計算して申請をする必要がありますよ。

 

また、無修正画像のイラストとか登録しちゃったら、審査に落ちちゃうので注意っす。あくまでも法令順守でやりましょうね。

 

商品販売時に削除・非表示対象となる文字

画像

FANZA・DLSITEでは、独自の基準があり、商品販売時に「●●」といった感じで、文字の一部が非表示対象となる場合があります。

 

この基準に関しては、いまいちハッキリとは分かりません。

 

ただ、ロリ・犯罪・過激系のものに関して、非表示されているみたいですね。

 

例えば、こんな感じっす。

  • 催眠 → 催●
  • JK → ●●
  • 15歳 → ●5歳

 

R18の音声の場合「15歳」の言葉はアカンでしょ。と思うけど「JK」も非表示にされちゃうみたいっす。これは知らんかった。って事は「女子校生」のキーワードも危険かな。

 

ちなみに、こういった基準ですが、DLSITEの方が緩い感じはします。モザイクに関してもDLSITEの方が基準が緩そう。

 

ただ、そういった言葉が入っているからと言って、販売をしてくれないという事ではないので、ご安心を!ただ、過激すぎるものは販売してくれないと思いますけどね…

 

後、注意点としてFANZAの場合、ロリ系を匂わす系のものは、アフィリエイトリンクが作れなくなっていたりするので、それも注意が必要かな?

 

同人音声作品を制作した時のトラブル体験談

画像

同人音声作品を当たって、トラブルとなるのはこちら!

  • 納期
  • 思っていたものと違う

 

僕の場合は基本的に、そこまで急いでないので、各クリエイターさんに納期はお任せしています。「納期は数年先になります」とか言われたらちょっと考えますけどw

 

あんまり急かしても、こういった技術系のお仕事だと、良い結果は生まれないですしね。

 

ただ…「思っていたものと違う」ってのはあります。音声の場合、イントネーションの違いとかもありますけど。

 

僕が今までで一番困ったのが、シナリオ・台本制作を外注した時の「思っていたものと違う」体験。

 

まず、募集をかけました。んで、何人か応募してくれました。

 

応募時の文章に、自己PRとか実績とか、色々と書いているんだけど、応募時の文章が誤字・誤変換だらけの人がいたり…シナリオ制作の応募でこれはキツいw

 

まぁ…そういった人はお断りさせて頂いて、この人なら大丈夫かな?一度お願いしてみようかな?と、別の人に仕事を発注しました。

 

そして、完成文章が届いたんですが…

 

そのシナリオを見た瞬間に愕然としました。

 

僕が要望した「テーマ・希望・ストーリー」をほぼ無視している内容。全身の力が抜けました。「お前、経験者って言ってたじゃん…」ってパソコンに向かって、一人ツッコミする僕w

 

一応、初めにちょろっとだけ僕が要望したテーマに触れて、そこから先、残りの9割は独自の世界観が広がっています。

 

しかも途中に、「シコシコシコシコ コスコスコスコス シコシコシコシコ コスコスコスコス」などの文字を多用していて、実際の文章数としてはかなり少ない…

 

これだったら、初めから自分でシナリオ作った方が良かったなー。と思った経験でしたw

 

終わりに&後書き

画像

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

この記事が、何らかのお役に立てれば幸いです!

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w