AV憑依!AV大好きな男子大学生の俺が、眠る度にエロ動画の世界の誰かに憑依している件について|小説・ライトノベル

画像

こんにちは!ここでは短編エロ小説「AV憑依!AV大好きな男子大学生の俺が、眠る度にエロ動画の世界の誰かに憑依している件について」を載せています。

 

無料で最後まで読めるので、暇潰しなどにお使い頂ければと思います!w まぁ…内容にはそんなに期待なさらずにwそれでは、本編の方へどうぞ!

 

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w

 

俺の日常

管理人も毎日利用中wエロくて抜ける!新作も豊富なエロ動画を探すならココがお勧め!

 

11月12日、夜の自宅にて。

 

「はぁー。女って良いよなぁ…ちょっとセックスするだけで、たくさん金が貰えて、男にチヤホヤされてさ。本当、人生イージーモード過ぎだろ」

 

そう言いながら、俺は片手にスマホを持ち、片手にはチンコを握り、パソコンで流れているエロ動画に見入っていた。

 

「男に腰を振られて喘ぎまくりやがって…本当、気持ち良い事して大金を貰って、羨ましいよ…」

 

パソコンを見つめてシコりながらも、スマホでは視聴中のエロ動画に出演しているAV女優のSNS情報が映し出されている。

 

「うわ。このAV女優、こんな良い物食って、こんなデカい綺麗な部屋に住んでるじゃん。持ってる物も高いブランド品ばっかだし、マジ羨ましいわ。映える写真ばっかじゃん」

 

エロ動画が、クライマックスに近づくに連れて、俺のチンコを握っている手の動きも早くなっていく。

 

男優が女優のマンコからペニスを抜き、顔へと持って行った。それに合わせて俺も絶頂を迎える。

 

「ん、あぁっ…イクッ…」

 

用意していたティッシュへ、ドクドクッと射精をすると、虚しさが襲ってきた。所謂、賢者タイムってやつだ。

 

「本当、この女エロいよなー。顔射された後は、美味しそうにチンコ舐めてるし…女は賢者タイムがないから良いよなー」

 

自分の精子が出終わった事を確認すると、最後にペニスを一絞りして、ティッシュを処分する。こうなったらもうエロ動画は不要だ。

 

動画を止めようと、マウスを動かした。パソコン上では、AV女優がお掃除フェラを続けていた。

 

「はぁー。これでいくら稼ぐんだろ?本当、俺も女に産まれたかったよ」

 

そう呟いて、パソコンの画面を落とす。

 

明日はまた大学に行かねばならない。来年からは就職活動も控えている。世間は不景気だと言われている上に、俺の通っている大学は3流で知名度も低い。先輩から就職活動の大変さを聞いているから、余計に憂鬱だ。

 

「風呂でも入って、寝るかー」

 

夜も更けてきたので、ササッと風呂へ入り、布団へと入った。

 

大学生になってからは一人暮らしをしていたので、自由を謳歌していた。好きなAVをいくらでも見る事ができるし、好きな時間にご飯を食べて、好きな時に眠る。それでも何だか満たされなかった。

 

「このまま学校を卒業して、適当な会社に就職して、ダラダラ働いて、死んでいくのかねー。あんなAV女優みたいに、一回で良いからキラキラと人生輝かせてみたいよなー。あーあ…」

 

俺の手に握っているスマホには、先ほどまで見ていたAV女優のSNSが表示されていた。キラキラと輝いている生活に見えた。

 

気が付くと、俺はいつの間にか眠りに落ちていた。

 

美女ギャルAV女優になった。メッチャ楽しい現場を体験

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

「リカさーん。リカさーん。できましたよ?」

 

「…は?」

 

あれ? 何で俺、座ってるんだ? 家で寝てたはずなのに…

 

キョロキョロと辺りを見渡してみる。大勢の人がいる。そして俺は、美容室のような場所に座っていた。目の前には大きな鏡。

 

「あれ? 何?」

 

鏡の中の自分と目が合った。俺が知っている…というか、俺が大好きなギャル系AV女優にそっくりだ。パッチリとした目に茶色くて整った髪の毛、鼻はツンと高く、肌は透き通った色をしていてとても可愛い。

 

手を振ると、手を振り返してくれる。ハハハ。これ、面白い夢だな。

 

「リカさん?どうしましたか?セット終わりましたよ?」

 

俺の後ろに立っているスタイリスト?の様なお洒落な女の子が、リカさんに声をかけていた。

 

「リカさん。大丈夫ですか? どうしたんですか?」

 

そう言って、俺の方をポンポンと叩いて来た。

 

「え? 俺??」

 

「もーう。リカさん、どうしたんですか。もう撮影始まっちゃいますよ?」

 

「は? 撮影? 俺が? 何で?」

 

俺は鏡を見ながら、自分の頬をつねってみた。鏡の前のAV女優も頬をつねっている。変な顔をすると、俺と同じように変な顔をしている。後ろにいた女の子が、そんな様子を見て、怪訝そうな表情を浮かべている。

 

「リカさん、大丈夫です? マネージャー呼んできましょうか?」

 

「え? いや、大丈夫だよ。大丈夫…大丈夫…」

 

そう言って俺は椅子から立ち上がった。同じように鏡の前のAV女優も立ち上がった。

 

やけにリアルな夢見てるんだな…ちょっとAV見過ぎたのかもしんない。

 

下を向くと豊満な胸がある。そして、俺はセクシーな下着姿という事に気が付いた。肌の9割以上が露出している状態だ。マンコなんか少しパンツをズラすと出てくるだろう。とても細くて、シミ一つない綺麗な身体だ。

 

とりあえず自分のオッパイを揉んでみる。柔らかくて、なんだか気持ちが良い。今までオナニーする時に乳首を触った事もあるが、感度が全然違うように思えた。

 

「リカ…さん…とりあえず、マネージャーに声かけてきますね」

 

俺の様子を見ていた女の子は、そう言って、スーツ姿の男を連れて戻ってきた。

 

「リカちゃん。どうしたの? 疲れちゃったのかな? もう撮影もラストだからさ、それだけ頑張れる?」

 

「え? 俺? 撮影って、何言ってんの。本当に、リアルな夢だなー」

 

「リカちゃん、変なものとかやってないよね? 大丈夫だよね? 後は、ラストだけだからさ、何とか頑張ってくれないかな?」

 

スーツ姿の男に両肩を掴まれて、真顔でそう言われて少し驚いた。

 

「え…あぁ…うん。変な物とか、何もしてないけど…」

 

「良かった…最後はもう、台本とかあってない様なものだし、男優さんに任せてれば大丈夫だからさ。そこまでお願いね。帰りにさ、リカちゃんの好きなスイーツ買ってあげるから。ね?」

 

「あ…はい。分かりました…」

 

握られている両肩には力が入っており、俺は断れない雰囲気となっていた。俺が分かりましたと伝えると、男の力は緩み、ニコッと笑い、肩をモミモミとほぐしてくれた。

 

夢だろうと思っていたが、いつもの夢とは何かが違う。しかし、いつもの自分とは違うし、好き放題やってやろうと考えていた。

 

男に手を引かれて、大勢の人がいる所へ歩いていく。いくつかのカメラ、眩しい照明、そして、いかにもって感じの監督風のオッサンが、椅子に座ってこちらを見ていた。

 

俺と目が合うと、ほとんどの人が頭を下げてくる。

 

「リカちゃん、相手の男優さん待ってるから。ベテランさんだし、後は身体を任せてたら良いからね」

 

そう言って、マネージャー風の男性は、監督風の男性の元へ小走りで駆け寄り、何かを耳打ちしていた。

 

目の前にいる短髪で身体の引き締まった男と目が合った。この男優知ってる。名前は知らないけど、有名なAVに良く出演しているやつだ。

 

「リカさん、ラスト宜しくね」

 

「あ…あぁ。はい」

 

これはAVの現場なのだろう。俺は今からこの男に抱かれるのだろう。

 

男に抱かれるなんて事は産まれて初めてだったが、どうせ夢なんだし、それも面白い。身を任せてみようと思った。

 

そして監督の号令と共に、撮影現場が慌ただしく動き始めた。

 

俺はそっと男優にお姫様抱っこをされ、ソファの上へと運ばれた。

 

「わっ。俺重いでしょ?大丈夫?」

 

「リカさん何言ってるんですか? からかわないで下さいよ。凄く軽いですよ」

 

男優が俺の足を舐め始める。その様子をジッと眺めていた。それにしても小さな足にネイルをしている綺麗な指。指の間も余すことなく舐めてくれている。

 

そんな様子を見下ろしていると、今までにない感情が、心の奥で沸き上がってきていた。ジンジンと股間の辺りが熱くなっている。

 

足の指を舐め終わると、そのまま上へと上がってきて太腿へ。太腿をひとしきり舐め終わると、手を回されてブラジャーを外される。

 

「とても綺麗なオッパイだね」

 

確かに張りがあって、乳首はピンク色で程よい大きさだし、綺麗なオッパイだと思う。

 

しかし、目を合わせてそう言われると、俺はとても恥ずかしく思えて、下を向いてしまった。

 

「照れちゃったの?任せてくれて良いからね」

 

始めは優しく、途中からは激しくジュルッ ジュルッ ジュルルルッ。と俺の胸は舐め回される。

 

舌が乳首に当たると、身体がビクッと反応してしまう。ふと周りを見渡すと大勢の人に囲まれていて、とても恥ずかしく感じる。

 

「リカちゃんのオッパイ、とても美味しいよ…いくらでも舐めれちゃうよ」

 

「そんな…恥ずかしい…」

 

乳首を舐められながら、もう片方の乳首をツマまれ、コリコリと愛撫された。

 

「んっ…んんっ…ダメ…そこ弱いから…ダメ…」

 

自然と声が出てしまう。それにしても、女の身体って、こんなにも気持ちが良いんだ。こんな気持ち良い事をして金を貰えるんだったら、やっぱ楽勝じゃん。

 

いつの間にか俺はパンティも脱がされてしまっていた。男優のテクニック、恐るべしである。

 

自然な流れで、俺の股間へと顔を寄せる男優。

 

ペロペロと舐め始められると、身体に電気が走ったような感じがした。舐められている部分を見ると、毛がない。パイパンになっている。

 

「ん…うぅ…そんな所…舐められると…ん、あぁ…」

 

男の時とは違う、ジワジワとやってくる気持ち良さだった。男の時にフェラチオをされた事もあるが、それとは違うベクトルの気持ち良さだ。

 

「んっ…んんっ…凄い…熱くなってる…気持ち良い…」

 

延々と舐められていると、自分でも愛液が溢れてきているのが分かる。その愛液を利用して、男優はさらにジュルジュルッと音を立てて、舐め続けていた。

 

マンコを舐められながらも、両方のオッパイを器用にクリクリッとされる。敏感な所ばかりを刺激されていると快感が高まってくる。

 

「んんっ…そこも気持ち良い…んあぁ…なんか、凄い。凄い。おかしくなりそう…」

 

男優は的確にポイントを刺激してくる。エッチが上手い男というのは、こういうやつの事を言うのだろう。

 

ずっと気持ち良い事をされていると、何も考えられなくなってくる。いつの間にか俺はソファにもたれかかり、足を大きく開いて、手はソファの裾をギュッと握りしめていた。

 

「あぁ…そんなにされると…もうダメ…限界かも…ん、あぁぁっ! あっ あっ あっ あっ あぁぁっ! なんか…出ちゃうぅ!」

 

快感が強くなったかと思うと、俺の身体はビクビクッと痙攣して、マンコからは大量の潮を吹いていた。

 

男優は一瞬、驚いたような顔をしていたが、構わずに俺のマンコを舐め続けていた。

 

「ちょっと…待って…まだ舐めてるの…もうダメ…これ以上舐められるとダメェ!」

 

その後も延々と舐め続けられて、俺は力が抜けてソファに横たわっていた。

 

全力疾走をした後の様に、疲れ果てていた。周りにいるスタッフ達は俺の様子に注視している。だけど、誰かに見られている事なんて、全く気にならなくなっていた。

 

「リカちゃん。そろそろ入れるね…」

 

男優が俺の耳元で呟いた後、激しいキス。そして太腿を支えられて、俺の敏感な所に熱いモノが入ってきた。

 

「ん、はぁぁ…熱い…熱いのが…入ってきたぁ…」

 

しっかりと濡れていた事もあって、男優のチンコはスルスルッと入ってきた。巧みに腰を振る男優。抜き差しをされる度に、声が出てしまう。

 

「んっ あっ あっ あっ あっ んんっ んっ あぁっ んっ ん んっ…」

 

何度も何度も正常位で突かれた後、男優にリードされて、ソファにもたれかかるように四つん這いとなった。

 

大きな胸を揉まれながら、バックで激しく突かれる。男優の股間が、俺のお尻に当たる度に、パンパンパンッと、リズム良く音を立てていた。

 

身体がブルブルブルッと震えたかと思うと、大きな快感の波が襲ってくる。何度も何度も俺はイカされていた。女の絶頂を、嫌と言うほど味わっていた。

 

「あぁっ またっ ダメっ そんなにされると、また、イク。イキそう。ダメっ ダメェ!」

 

その後は騎乗位へと移ったが、身体の力が入らず、男優のリードの元、対面座位で腰を掴まれて、チンコを打ち付けられた。深く、奥の方にまで当たっていたのが印象的だ。

 

最後は、ソファで正常位へと戻った。肩を掴まれて激しく腰を振られる。擦れる度に快感が襲ってくる。男優のピストンが段々と早くなってきた。

 

もう終わりは近いのだろうか。

 

「あっ…イクッ!」

 

男優は小さい声でそう言い、俺のお腹に射精をしていた。とは言っても、頭を起こしてその様子を見る元気なんてなかった。

 

全身の力が抜けて、荒い息をしていると、男優がチンコを俺の顔へと持ってくる。

 

こりゃアレか…お掃除フェラってやつか。マン汁がテカテカしてるし、精子もまだ出てるじゃん。そんなの舐めたくねーなー。

 

顔を背けようとしたが、男優は俺の頭をソッと押さえて、開いている口にチンコを押し込まれる形となった。

 

少し舐めてみたが、チンコはまだ硬かった。硬いゴムみたいな感覚だ。それに変な味。苦いのと、酸っぱいのが混ざりあっている。

 

あんまり舐めたくなかったから、自分の唾を沢山出して、ジュルジュルッと音を立てて、舐めているフリをした。

 

俺のサボりお掃除フェラに、男優は気付いているのだろうが、気持ち良さそうな顔をしている演技をしていた。こいつやっぱプロだわ。

 

ある程度時間が経つと、男優は立ち上がり、俺の元から離れていった。

 

まだ身体がしんどい。満身創痍だ。カメラを持った男性が俺の方へと近づいてくる。

 

俺の様子を少し撮っていたかと思うと、監督が合図を出し、撮影が終わった。

 

俺のマネージャーの様な男と、撮影スタッフが俺の元へと小走りで近寄ってきた。そして、すぐにタオルをかけてくれた。

 

「リカちゃん。凄く良かったよ。頑張ったね。ゆっくりで良いから、落ち着いたらシャワー浴びておいで」

 

「あ、はぁ… あ、コレってギャラは…いくらくらい?」

 

俺は気になっていた事を聞こうとした瞬間、意識が遠のいていった。

 

 

目が覚めると朝だった。

 

「うーん。良く寝たぁ。それにしても変な夢だったな…こんなしっかりと覚えている夢も珍しいな…」

 

俺は、夢の中で起こっていた事を克明に記憶していた。

 

大好きなギャル系AV女優だった事、AVの撮影現場で有名男優に抱かれたという事、周りのスタッフが気遣ってくれてチヤホヤされていた事、女のセックスがとても気持ち良かったという事。

 

「それにしても面白かったなー。やっぱ女は人生イージーモードだよな。結局、あれでギャラはいくらもらえたんだろう?」

 

俺は布団から出て、大学へ行く準備を始めた。

 

雑な台本。男優がいない?素人女子のレズプレイ!?

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

「ふぅー。今日も終わったー」

 

俺は、大学から帰ってきた後、日課のオナニーを終え、シャワーを浴び、布団へと入ろうとしていた。

 

「それにしても、昨日の夢は面白かったなー。気持ち良かったし、皆にチヤホヤされて、あんな経験した事ないしなー。あんな夢だったら毎日見たいのにな…」

 

そう思いながら、俺は眠りについた。

 

 

「あれ? また?」

 

眠りについたはずの俺は、前回と同じように、現実のような世界にいた。

 

「えー。またー?? うわ。今回はどんな夢なんだろ」

 

周りをキョロキョロと見渡してみると、何人もの女の子がいる。化粧直しをしている女もいれば、足を組んでスマホを触っている女もいる。可愛い子もいれば、イマイチな子もいた。

 

「うわ。あの女、不細工な上に、愛想悪そうだなー。見てるだけで残念なオーラが出てるわ」

 

俺は心の中で、そう呟いた。

 

どうやら事務所?待合室?の様な場所で女が集められているみたいだ。以前の様にスタイリストみたいな人はいないし、美容室のような大きな鏡もない。

 

俺は膝の上に置いていたバッグを開いてみた。中にはスマホや化粧ポーチ、お茶などが入っている。

 

スマホに手が当たると、反応して電源が入った。待ち受け画面には嬉しそうな表情で、男と写真に映っている女の子の姿が見えた。

 

更にバッグの中をゴソゴソと漁っていると、鏡を見つけたので、それで自分を映し出してみた。

 

「あ…リカちゃんじゃない。割と可愛いような気もするけど…普通の女の子だ。女子大生くらいかな?さっきの待ち受けの女の子かぁ」

 

自分の着ている服や胸を確認してみる。胸はそこまで大きく膨らんでいない。貧乳レベルと言って差し支えないだろう。洋服は至って普通の女の子が着てそうなトップスに、微妙な短さのスカート。

 

「うーん。ちょっと可愛い気もするけど、普通の女子だな。うむ。今日はなんでリカちゃんになれないんだろー。あー。俺の夢なのに…」

 

リカちゃんじゃない事を残念に思いながら、ボーッとしていると、目の前の机に置かれていた、A4サイズの白い紙が目に入った。

 

上に大きく「素人レズナンパ用の設定」とあり、右上には「ユキさん、OL、23才用」と書かれている。

 

再度周りを見渡してみると、皆、手元にA4サイズの白い紙を持っている。

 

「え? って事は、これが俺の設定?しかもまたこれ、AVの撮影じゃん。それに素人レズって…どういう事だよ…」

 

紙を隅々まで見渡してみると、大雑把に自分用の設定が書かれていた。

 

・ユキさん、OL、23才用
・歩いている所を、アンケートと称して声をかけられる。
・車で話を聞きながら、レズプレイ。レズは初体験。
・始めは少し抵抗。後は積極的に。
・ギャラ、交通費込み3万円

 

詳細はこんな感じだ。なんか扱いが雑だ。しかもレズプレイをして、ギャラが交通費込みで3万円って安いのか高いのか…うーん。

 

用紙に目を通していると、男が部屋に入ってきて、声をかけられた。

 

「すいませーん。次、ユキさん、お願いしまーす」

 

「…あ、はーい!はい。行きます」

 

俺はスタッフの方へと行くと、歩き始めたので、付いていった。古いエレベーターに乗り込むと、男から説明をされた。

 

「このビルを出て、左に向かって真っすぐ歩いて行ってもらえますか?途中で声をかけられると思いますんで。後は任せてたら大丈夫ですから。じゃ、お願いしまーす」

 

うーん。男の対応も雑だ。それに、なんか疲れた表情をしていた。仕事が忙しいのだろうか。

 

それにしてもこのブーツ歩きにくいな…カカトが高いからか? 女ってこんな歩きにくい靴を履くんだな…

 

言われた通りにビルを出て左に歩いていくと、声をかけられた。

 

「すいませーん。お姉さん、今お時間大丈夫ですか?簡単なアンケートをお願いしてるんですけど?」

 

「いや、ちょっと急いでまして」

 

明らかに俺より年上であろう女性に声をかけられた。年は20代後半だろうか。

 

「ね、ね?ちょっと待って。アンケートに答えてもらえたら、謝礼もご用意してますので」

 

少し断ってみた後、付いていく事に。連れていかれたのは何故か普通の道路。

 

「え? ここでアンケートするんですか?」

 

「はい。こちらの車に乗って頂いても良いですかー?」

 

路駐してあった大きな車の後部座席に乗り込むと、そこは席を取っ払っていて広い空間となっていた。ご丁寧に、窓は埋めてあるので外から見える事はないだろう。

 

「うわ。中は広いんですねー」

 

「そうなんですよー。アンケート用にこの車をいつも使ってるんです。それじゃ、早速尋ねていきますねー」

 

確かに中は広い。とは言っても、バンタイプの車なので、自分とお姉さん、カメラマンの三人が乗っていると結構狭い。暑苦しい。更には運転席に男が座っているのが見えた。

 

お姉さんからいくつかの質問に適当に答えている内に、横に座ってきて、軽いボディタッチをされる様になった。正直、触り方もソフトだし、悪い気はしない。

 

「それでね、もう少し謝礼を上げるから〜、良かったら上の服から脱いでもらえない?」

 

あれよあれよと言う間に服を脱がされてしまい、ブラジャーも外されてしまった。自分の胸を見てみたが、やっぱり貧乳だ。それに乳首がプックリと出ていて、ちょっと気の毒。

 

「可愛いオッパイね?舐めたくなってきちゃう」

 

そう言いながら、お姉さんは服を脱ぎながら、俺の胸を弄び始めた。

 

「んっ…ふぅ…そんなの、女の人同士でするのって…」

 

「大丈夫だから。すぐ気持ち良くなるから、心配しなくて良いよ」

 

乳首の触り方がやけに上手い。女だけあって、女のツボを心得ているのだろう。いつの間にかお姉さんは服を全て脱ぎ、俺の胸へとしゃぶりついて来た。

 

レロレロレロレロッ レロレロレロレロッ ジュルルルルルッ ジュルッ ジュルルルルルッ 

 

片方の胸を舐められ、もう片方の手は乳首をコリコリと触られている。胸を中心に体がジンジンしてくる。以前舐められた男優よりも、舌のザラつきが少なくて、柔らかく感じる。

 

「オッパイ感じやすいんだねー?ほら、私のオッパイも舐めてみて?」

 

「あっ…はい…」

 

AV好きの俺にとっては、これは完全にご褒美である。俺よりは年上ではあるが、巨乳だし、プックリとした乳輪がエロい。先ほどお姉さんにされた様に、俺は口撃をしてやった。

 

「はぁ…はぁん…あなた、凄い上手…女の人、始めてじゃないでしょ…ん、あぁぁ…気持ち、良ぃ…あっ あぁっ…」

 

お姉さんは快感に身を任せている様子だった。何も指示されなかったので、俺は延々とお姉さんのオッパイにむしゃぶりついていた。

 

少ししてから、お姉さんは何かに気付いたかのように、次の指示を出した。

 

「ほらほら。オッパイばっかりじゃなくて、私のオチンチンも舐めてくれない?」

 

「え? オチンチン?」

 

お姉さんの股間の方を見てみると、いつの間にか肌色のペニス風ディルドが取り付けられていた。ペニバンと言うやつだろう。

 

ザ ペニバン
ザ ペニバン

 

「あっ…はい…」

 

ペロッ ペロペロペロッ ペロペロペロペロッ レロレロッ レロレロレロッ ジュルルッ ジュルッ ジュルルルルルッ 

 

始めは舌を使って感触を確かめるように。途中からは口に含んで、少しずつ顔を動かしピストンさせた。

 

しかし、これが中々難しいし、口を開いたまま顔を動かすのは、顎が疲れてくる。

 

舐めながらお姉さんの方を見てみると、ご満悦の表情で俺を見下ろしていた。

 

「ふふっ。あなた、舐めるのも上手ね。オチンチン今まで何本くらい舐めた事があるの?」

 

「んんっ…あんまり舐めた事は…ないです…」

 

「嘘ー。そんなに美味しそうにオチンチン舐めてるのに、経験少ないなんて、勿体ないよ?オチンチンも硬くなってきたし、そこに寝転んで?」

 

「ここで、ですか?」

 

俺が寝転ぶと、スルスルッとパンティをずりおろされた。スカートはそのままだ。

 

お姉さんが俺の足を開き、股間の方へと身を寄せてきた。ペニバンにたっぷりとローションを付けている。

 

俺はその様子をマジマジと見つめていると、こちらの視線に気付き、キスをされた。

 

「ほら、今からあなたの事、犯しちゃうよ?」

 

そう言われた後、ペニバンが少しずつ入って来ているのが分かった。ペニスとは違って少しヒンヤリとしている。

 

「うっ…ん、んんっ…」

 

ペニバンが大きいのか、自分のマンコが開いていないのか、キツく感じる。

 

「ほら、オチンチン全部入っちゃったよー?動かしていくからね」

 

「は…はい…ん、うぅぅ…んっ んっ んっ んっ んんっ…あぁぁ…」

 

お姉さんは小刻みに腰を振り始めたが、少しギコちない。それに、まだキツくて、気持ち良さはあまり感じなかった。

 

どちらかと言うと、マンコよりも、弄ばれているオッパイの方が気持ち良い。

 

「ほらほら!女に犯される気持ちはどう?」

 

「ん、うぅ…んんっ んっ んっ あぁっ あっ あっ あぁぁっ…」

 

「返事もできない位に気持ちが良いのね。もっともっと、たくさん犯してあげるわ」

 

「ん、あぁ…んあぁっ あっ あっ あぁんっ…」

 

何度も何度も腰を振られていると、少しずつはマンコのキツさが楽になっていったが、それでもまだまだ気持ち良さには程遠い。

 

早く終わってほしかったが、場の空気を壊さない為にも、俺は目を瞑り、喘ぎ声をあげ続けた。

 

「次は、ほら四つん這いになって。お尻をこっちに向けて。ふふ。プルプルしてて、可愛いお尻」

 

言われた通りに四つん這いになると、またペニバンを挿入されて、お姉さんは腰を振り始めた。

 

「ひゃぁぁっ! んあぁっ… 何? なにぃ?」

 

喘ぐ演技を続けていた俺の尻に、衝撃が走った。驚いて声が出てしまう。どうやらお姉さんは俺の尻をパチン、パチンッと平手で叩いていた。

 

「ひゃぁんっ! ひあぁっ! あっ! あぁ!」

 

叩かれる度に、ついつい声が漏れる。こちらからは向こうの事が見えないだけに、いつ叩かれるのか分からない。これはこれで悪くない。

 

その後も、色々な体位で突かれまくっていたが、一向に撮影が終わる気配がなかった。お姉さんも汗をかいていて、少し疲れた様子を見せていた。

 

そもそもペニバンだから射精する事はないし、何がどうなったら終わるのだろうか。女同士のセックスは終わりがないとは良く言ったもんだ。

 

そこで俺は気が付いた。

 

俺がイク演技をせずに、延々と喘いでいるだけだから、終わるに終われないのじゃないか? でも、台本にはなんて書いてあったかなー?思い出せん。

 

「あぁ…凄く気持ち良いです…私、そろそろイッちゃいそう…女の人に侵されて、イッちゃう…ん、あぁぁ。イクッ イクッ イックゥゥ!!」

 

そう言って、俺はビクビクと痙攣する演技をした。

 

はぁ、はぁ。と息を切らせていたお姉さんの腰振りが止まった。

 

「はぁ、はぁ…イッちゃったの?女に犯されてイッちゃうなんて、本当にいやらしい子ね」

 

「あぁ…イッちゃいました…お姉さんに犯されて、私イッちゃいました…」

 

この後は、ペニバンをお掃除フェラさせられて、渡されたタオルで身体を拭き、服を着て終了となった。

 

お掃除フェラには未だに慣れない。自分のマンコに入っていたモノを舐めるのは、まだ抵抗がある。

 

そして、一言だけスタッフに声をかけて俺は車を出た。それにしても、今回の夢はやけに長いな…いつ目が覚めるんだろ。

 

車を出るとすぐに声をかけられた。俺を部屋まで迎えに来た男のスタッフだ。

 

「えーとっ、ユキさん?お疲れ様でした。こちらが今回の謝礼ですので、受け取りのサイン頂いてても良いですかー?」

 

「あっはい。お疲れ様です…」

 

「はーい。これで終わりになります。お疲れさまでしたー」

 

やけにアッサリとしている。封筒の中身を確認すると、3万円が入っていた。安いんだか、高いんだか。

 

「喉渇いたし、コンビニでも行こっかなー」

 

歩き始めると、俺の意識が遠のき始めた。意識がボンヤリとしていく。

 

 

「ん…」

 

目を開くと自室。布団の上だ。

 

「あ、あれ?俺、起きたのか?」

 

身体を確認してみると元に戻っている。普段通りの男の俺だ。

 

今回もやけにリアルな夢だった。2連続でAV女優になる夢を見るなんて、一体どうなってるんだろう。

 

それにしても、毎回リカちゃんだったら、楽しそうなのになぁ。今回のはあんまりだったかなぁ。扱いも良くなかったし。

 

「ま、良いか。大学へ行く準備しなきゃ」

 

マイクロビキニ。何これ、紐じゃん。恥ずかしいんだけど…

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

「 睡眠 夢 転移 憑依 現実 AV 」

 

就寝前の俺は、スマホを眺めていた。

 

リアルな夢。転移のような夢について、気になったので色々と調べていたが、特に大した情報は見つからなかった。

 

「2回連続でAV女優になる夢を見たから、もしかすると今日も寝たら、AV女優になるのかな…あの夢って、リアル過ぎて夢っぽくないんだよなぁ」

 

そんな事を考えている内に、いつの間にか眠りに落ちてしまった。

 

 

眼が開いた。

 

まただ。眠ったはずなのに、自分の部屋とは違った所にいる。

 

「ここは…どこだ?また、違う所に来ちゃったのか?」

 

俺は立っており、前を見ると、男達が座ってこちらを見ていた。何かの面接か?

 

そして、自分の身体にチラッと眼をやると、大切な部分がほとんど隠れていないような水着を着用している。

 

「わ…何だよこの服。服なのか?ビキニ?ほとんど紐じゃんか…」

 

男達は自分の事を凝視しており、見られている事がやけに恥ずかしく感じる。そして、男達の横の方には業務用と思われる大きなカメラが設置されていた。

 

「ユキエさん。それじゃ、アピールポーズしてくれる?」

 

俺に話しかけられたのだろうか。今日はユキエという女になっているのか。

 

「えっ…あ、はい。すいません。アピールポーズですか?」

 

「うん。自分を一番綺麗にアピールできるポーズを取ってくれるかな?」

 

「はい…」

 

いきなりアピールポーズだなんて訳が分からん。これは何かのオーディションか?こんな水着を着て就職活動をしている訳がないし、やっぱりAVの世界なのか?

 

3回目の夢の世界ともなると、俺は大胆になっていた。どうせ起きたら自分に戻っている。要は、この面接官どもを満足させたら良いのだろう。やってやるぜ!

 

「失礼します」

 

俺はそう言って、満面の笑みで、片手で自分の胸を寄せる様にして、股間を突き出すM字開脚をした。股関節が悲鳴を上げる程に足を開いてやった。

 

「これが私のアピールポーズです。いかがですか?」

 

面接官のオッサンどもからは、ゴクリ。という生唾を飲む音が聞こえてきた気がする。

 

「うん…良いね。他にもできるのかな?」

 

「はい。できますっ。失礼しまーす!」

 

次に俺は、オッサン共に尻を向けて、四つん這いとなった。尻を高く上げ、顔はオッサン共の方を向き、片手を使って自分の股間を隠す様にしておいた。見えそうで見えないってのは男心をくすぐるだろう。

 

「凄く良いね…ちょっとそのポーズのままでいてくれるかな」

 

「はい。分かりましたぁ!」

 

オッサンどもは軽く相談をした後、一番端に座っていたオッサンが、俺の元へと近付いてきた。

 

「ほら、こんな綺麗なお尻を隠しちゃ勿体ないよ?」

 

そう言って、マンコとアナルを隠していた手をどけられてしまう。

 

「このマイクロビキニだったら、全然隠せてないね。大事なところがもう見えちゃってるじゃない。動いちゃダメだよ?」

 

オッサンはそう言って、ピチャッピチャッとマンコを舐め始めた。

 

「えっ…あぁっ…そんな事されちゃうと…皆の前で、ダメです…はぁんっ…はぁ…はぁ…」

 

「良いの良いの。皆、ユキエさんの事を見たがってるんだよ?もう濡れちゃってるじゃんか」

 

「そんなぁ…私、恥ずかしくて。面接は…どうなるんですか…」

 

自然と「私」という言葉が出てきた。女になりきる事に慣れてきたのかもしれない。

 

「面接?あぁ。オーディションはね、ユキエさんの頑張り次第だから。今からもっと頑張れるよね?」

 

男はまた、股間に顔を埋めてきて舐め始める。静かな部屋にクチュクチュという音が響き渡る。

 

「はい…頑張ります…だから、お願いします…」

 

何だか良く分からなかったが、オーディションを頑張れば良いんだろう。やってやるとも。

 

「あぁっ…気持ち良いです…はぁ…はぁんっ はぁぁっ んんっ んんっ 良いっ」

 

「もうビショビショに濡れちゃってるね。本当はずっとこうして欲しかったんじゃないの?」

 

「恥ずかしい…ビショビショだなんて…私は、皆さんに見られてて恥ずかしいです…あっ! あぁっ」

 

「よし。良い子だねー。それじゃ、四つん這いのまんまで、皆さんにケツを向けたまま、俺のモノを美味しそうに舐めてごらん?」

 

「はい…分かりました…」

 

おっさんのズボンを下すと、小汚いモノが目の前に現れた。まだ完全に大きくなってはなく、先端はテカテカとしていて、顔を近づけていくとムワッとした汗が混じった男の匂いがしている。

 

しかし、やるしかない。こいつをしっかりと舐めるしかない。意を決して俺は舌を出し舐め始めた。

 

レロレロレロッ レロレロレロッ ペロペロペロペロッ ジュルルルッ ジュルルルッ

 

「凄く、凄く、美味しいです。こんなオチンチンだったら、ずっと舐めてられます」

 

「ユキエちゃん凄くエロいんだねー。得点高いよー」

 

どうせ、これは夢の中で俺じゃない。そう思えると俺は大胆になっていた。いつも見ているAV女優の様に、本当に美味しそうにペニスにしゃぶりついていた。

 

ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ

 

ピストンさせながら、オッサンの服の上からチクビをコリコリと愛撫してやる。オッサンは気持ち良さそうに呻いている。

 

ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ

 

「はぁ…凄く美味しいです…自分で、ココ触って良いですか?」

 

俺は、空いている手でオナニーを始めた。尻を向けているオッサン共に対してのアピールも忘れない。

 

ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュルルルルルッ ジュルルルルルッ 

 

一心不乱に舐め続けていると、オッサンの方から「そろそろ挿入がしたい」との提案があった。

 

「はい…挿れても大丈夫です…」

 

俺は仰向けとなり、オッサンが上から覆いかぶさってきた。股間の水着もズラし、荒い息をしながら挿入。

 

「ん、あぁ…熱いのが入ってきました…あっんっ、気持ち良い…ん、あぁっ、あっ あっ あっ あぁっ…」

 

オッサンはおそらく男優なのだろう。腰の振り方も上手だった。女が気持ち良く感じるポイントを的確に押さえている。

 

胸の水着もズラされて、オッパイがほとんど露になっていた。座っている面接官どもは俺の様子に釘付けだ。

 

正常位で突かれ続け、騎乗位となり、対面座位、バックと体位を変えていった。

 

「ほら、ユキエちゃん、面接官にしっかりアピールしないとね」

 

オッサンにそう言われ、面接官達のテーブルに両手をつき、立ちバックでのピストンが始まった。

 

「あっ…こんな目の前でっ 見られるの…恥ずかしいっ です… あっ あぁっ んんっ んっ あぁっ!」

 

眼前には、面接官がいる。ニヤニヤとしながら、俺の痴態を見て楽しんでいる。

 

「ほら、ちょっと位、ユキエちゃんのオッパイ触ってあげて下さいよ」

 

他の面接官に言われて、眼前の面接官が満更でもない様子で、俺のオッパイへと手を伸ばした。

 

「はぁんっ あっ はぁぁっ あぁっ オッパイも気持ち良いですっ はぁっ はぁっ はぁっ」

 

「ユキエちゃん、良く頑張ってるねー。オッパイも張りがあって綺麗だし、言う事ないなぁ」

 

「あっ あんっ ありがとうございますっ あっ、もっとオッパイ触って下さいっ」

 

目の前の面接官にオッパイを触られながらも、後ろからは突かれ続けている。

 

「あぁっ 私、もう、イッちゃいそうです。前も後ろも気持ちよくされちゃって…もうダメですっ イッちゃいます。あぁっ イクッ! イクゥッ!」

 

大きな喘ぎ声を出すと、もっと気持ち良くなっている気がした。自分を自分で盛り上げている様な気がした。

 

イクという声を出した後は、力が抜けてしまい俺は面接官の机へもたれかかってしまった。

 

「はぁ…はぁ…はぁ…」

 

息も絶え絶えとなっていると、男優に抱きかかえられて、再度床へ。仰向きにされて、正常位でまたピストンが始まった。

 

「ユキエちゃん、俺もそろそろイキそうだから、もうちょっと頑張ってね?」

 

「あっ…はい…。はぁ…はぁ…はぁ…」

 

あまり身体に力が入らなかったが、股間が熱く、頭に向かって気持ちの良い快感が走っている。

 

そこからどれほどセックスを続けたのだろうか。

 

男優が「あっ、イクッ」と小さく声をあげたかと思うと、俺の顔めがけて射精をした。

 

初めての顔射。生温かくてネバついているってのが、率直な感想だ。

 

その後は、お掃除フェラをさせられて、そこでの面接は終了となった。

 

少し困ったのが、精子は時間が経つと、パリパリに固まってしまうという事。髪についた精子なんてもう最悪だ。髪の毛ごとパリパリになってしまっている。

 

そして、時間の経過と共に、精子の匂いがキツくなってきた。独特のこの匂いは頂けない。しかし、これも慣れてくるのだろうか。

 

とりあえず、シャワー浴びて着替えさせてもらわないとな…そう考えていたら、意識が遠のいていくのを感じた。

 

「あっ。夢が覚めるのか…それにしても、今回は良い仕事したなぁ。俺」

 

 

眼を開くと、自分の布団の中。胸を触ってみるとペッタンコの自分の胸。股間を触ってみると、愛着のある俺のチンコが付いていた。

 

「今日もAV撮影の夢だったのかー。なんか俺、AV見過ぎて、頭がおかしくなっちゃってるのかな…」

 

外は明るくなっていたが、俺はその後も布団の中で微睡んでいた。

 

過酷!超耐久、ガチの48時間連続セックス!

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

「2度ある事は、3度ある。3度ある事は、4度ある。ってやつなのかな。今日もAVの世界へ旅立つのかな…俺」

 

毎度、毎度、眠る度にAVの世界へ転移してしまっている事に疑問を感じていたが、どうすれば良いのか。何が原因なのか、サッパリ分からなかった。

 

「まぁー、どうせ夢だし、新鮮な経験ができて面白いと言えば面白いんだけどなぁ」

 

目を瞑り、眠る体勢へと入る。

 

今日はどうなるのかな。なんてボーッと考えている内に、眠ってしまった。

 

 

「ん…今日も来たんだ…」

 

眼を開き、俺は小さな声で呟いた。

 

椅子に座っており、目の前には大きな鏡。後ろにはスタイリストさんっぽい女性がいて、俺の髪やメイクを慌ただしくセットしてくれている。

 

そして、目の前にいる自分の姿を鏡で確認した。うん。可愛い。この娘は…少し前にAVデビューした、清純系の…誰だっけ?

 

えーっと…確か名前が、俺と同じ山岡だったかな?下の名前はカナだった様な…

 

今回はメイクもしてくれてるし、待遇が良い所だなー。AV女優によって、待遇が全然違うんだな。

 

「すいません。カナさん!一応、指示通りにメイクさせてもらいましたが、いかがですか?」

 

やっぱり俺はカナだった。メイクも綺麗にしてくれている。が、ちょっとメイクが濃いような気がした。

 

「あっ。はい。うーん。良いんじゃないですか。とっても可愛くなってると思います…けど、ちょっと、メイク濃くないですか?」

 

「ありがとうございます!そうですね。今日は長時間耐久?だから、始めは濃いめって指示があったんですけど…」

 

「長時間耐久…?って?撮影が?」

 

「はい。そうですよ!内容って聞いてなかったですか?」

 

「いや…あー。あんまり確認してなくて…長時間って、どれ位か知ってます?」

 

「私はあんまり内容は詳しく知らないんですけど、48時間って言ってた様な…」

 

「よんじゅうはちじかん…?48時間って、2日間?え?それ、休憩あるんだよね?」

 

「はい。確か48時間って言ってましたよ。休憩とかは、私はちょっと分からないです」

 

「…2日間。マジか。あの…私のマネージャーって近くにいます?」

 

「はい。セットも終わったので、呼んできますね!そのまま座って待ってて下さい!」

 

なんだよ。長時間耐久って。48時間って。24時間のテレビの倍じゃねーか。何で少し前にデビューしたAV女優が、そんなに過酷な撮影しなきゃなんねーんだよ…

 

長時間耐久という言葉にあっけを取られてしまい、ボーっとしていると、マネージャーらしき男性がやってきた。

 

「カナさん、お疲れ様です。どうしたの?」

 

「あー。お疲れ様です…今日って長時間耐久?48時間とかって聞いたんですけど」

 

「そうそう。ちょっと時間は長いけどね、今回を乗り越えたら、また新しい仕事がたくさん来るから。有名な監督さんが力を入れてる作品だから、本当にチャンスだよね」

 

「そうなんですか…48時間の内、休憩とかってどんな感じなんですか?」

 

「あれ?こないだ説明しなかったっけ?休憩はないよ」

 

「は?」

 

「えっ?」

 

一瞬、その場が凍り付いた様な気がした。何かの間違いだろうと思い、俺は念のために、もう一度確認した。

 

「あの、休憩ってどんな感じなんですか?睡眠時間とか?トイレ行ったりする時間とか?ご飯とか?お風呂とか?」

 

「んー。台本に書いてたんだけど、ご飯はバックの体位で食べて、トイレはフェラチオをしながら、それで眠る時間と、お風呂は基本的にないよ?」

 

「は?」

 

どういう事だろうか。長時間耐久のAVを見た事はあるが、あれは確実に途中で休憩を入れている。シーンが切り替わったりする時に、しっかりと休憩を取っているはずだ。

 

「普通、長時間耐久のAVって、休憩とかしっかり入れてますよね?ほら…労働基準とかあるし?」

 

「あー。今回の監督さん、本当に力が入っててね。リアルな物を作り上げるって事で、本当に耐久で撮影するんだよ。だからさ、カナちゃんにもこんな大きなチャンスが来た訳だしさ。それに労働基準は心配しなくて大丈夫だよ。スタッフさん達は入れ替わりで撮影を続けるし、カナちゃんは、雇用契約じゃないからね」

 

「あ、あぁ…そうなんですか…」

 

多分だけど、48時間ガチの耐久で仕事を受ける女優が他にいなかったんだろう。それで、新人期間が終わって、仕事が減ってき始めた俺が、この仕事に飛びついたんじゃないかと思う。有名監督とか言ってたし。

 

それにしても、俺はなんでこんなタイミングのAV女優の所に転移してきたのか。48時間もぶっ続けでセックスするなんて、絶対死ぬって。無理無理。

 

「あっ。そろそろ時間だし、行こっか。今回頑張ったら、本当にチャンスが来るからね」

 

「は…はい。頑張ります」

 

俺はとても憂鬱だった。一瞬で心の病気になってしまうんじゃないか?と言う程に憂鬱だった。

 

できれば、撮影の途中で俺の目が覚めて欲しい。というか、今すぐ俺の目が覚めてくれたら良いのに。神様お願いします。俺は、強く願いながら現場へと向かった。

 

マネージャーに連れて行かれ、改めて監督へ挨拶。

 

監督の首根っこを?まえて、こんな意味の分からねぇ企画してんじゃねぇ!と怒鳴りつけてやろうかと思ったが、くれぐれも失礼のないようにとマネージャーからのお達しがあった。

 

そして撮影は始まった。

 

何でも、挿入している時間が長くないと耐久の意味がないという事で、愛撫もそこそこに、アッサリと挿入された。

 

「あぁっ…あぁんっ あぁっ あっ あっ んんっ あぁっ んんっ んっ んっ あぁんっ!」

 

男優の腰振りは緩やかだった。彼らもできるだけ長い時間セックスができる様に調整しているのだろう。

 

セックスをしながら周りを見ると、交代要員の男優が目に入った。俺はこの48時間で何人と何回のセックスをするのだろうか。

 

カメラには映らない場所に、ローションも置かれていた。そりゃ、48時間も濡れっぱなしな訳ないしね。

 

「うっ…あぁっ あっ あっ あっ! あぁっ んっ んっ あぁんっ!」

 

ピストンをされるだけではなく、時には腰を止め、胸を愛撫されたり、舐められたり、キスをされたり、チンコを奥でかき回す様にグリグリと動かされたり。

 

気持ち良くない事はない。が、先の事を考えると、気持ち良さを感じる程の余裕はない。

 

恐ろしく感じたのは、俺から見える範囲に時計がない事だ。俺が時計を見つけると、そこばかり眼をやってしまうから、その対策なのかもしれない。一体誰が時間を計ってくれているのか…

 

「あぁんっ…凄く気持ち良いです…もっとたくさん気持ち良くして…」

 

たまにスタッフ側からの指示があった。セックスをマンネリさせない為にも、こういう指示も必要なんだろう。

 

時折、体位を変えて、延々とセックスが続いている。

 

今は何時間経ったんだろうか。この男は何人目だったろうか。

 

「あぁっ…ごめんなさいっ…トイレ…行きたいっ」

 

尿意が催してきたので、トイレに行きたいと男優に耳打ちすると、駅弁ファックでトイレまで連れて行かれた。トイレにはカメラマンも付いてきており、用を済ませている時には、フェラチオをする。

 

舐めながらだと、トイレがとてもしづらかった。その上、何時間もセックスを続けていると、マンコがヒリヒリとしていてオシッコが染みる。現場まで戻る時には再度駅弁ファックで連れて行かれた。

 

また、少しして、何かスタッフの方から合図があったかと思うと、俺は四つん這いにさせられ、バックで突き始められた。

 

目の前に食事が置かれた。お盆の上に乗っているのは、ハンバーガーとジュースにポテト。バリューセットってやつか。

 

セックスを続けながらでも、お腹は減る。後何回、セックスをしたまま食事をすれば終わるのだろうか。

 

獣のような姿勢でセックスを続けたまま、俺は食事を喉に流し込んだ。腰を振られ続けているので、ご飯がとても食べにくい。セックス中は、ご飯を食べるのが至難の業だという事が分かった。

 

食事が終わると、再度体位を戻して、セックスが続けられる。それから何度も男優は入れ変わり、食事は何度か与えられた。

 

24時間はきっと過ぎただろう。この辺りから記憶が曖昧だ。とにかく眠い。強い睡眠欲に襲われ始めた。

 

眠い。眠い。眠い。

 

眠い。眠い。眠い。

 

正常位や、横臥位でセックスをしている時は、ついつい目を閉じて眠ってしまいそうになる。騎乗位では、身体を保てなくて崩れ落ちそうになってしまう。

 

だが、眠りそうになると、ピストンが早まったり、お尻を叩かれたりして、眠らないようにされていた。

 

喘ぎ声をあげる元気もなくなってきた。一体、今は何時なんだろう。昼なのか、夜なのか。屋内だから、時間の感覚が全く分からない。

 

夢の中なのに…俺は、寝ているはずなのに眠りたいって、何だよ…眠りたくなる夢なんて始めてだ。

 

「あっ…はぁっ…はっ…はっ はっ はっ はぁ… はぁぁぁ…」

 

何とかセックスを続ける。張りのある声は出てこない。息と共に漏れるような声が精一杯だ。

 

男優を見ると、俺の方を見て、憐れむような表情をしていた。そんな顔するんじゃねぇよ。憐れむ位だったら、助けてくれよ…頭がおかしくなってしまいそうだ。

 

スタッフ側を見た時、さっきまではいなかったマネージャーが目に入った。楽しそうに監督に耳打ちをしていた。

 

こいつは一回家に帰って、のんびりと食事をして、眠ってから、また現場を見に来たんだろう。一生恨んでやる。

 

「あっ あぁぁっ あっ あっ はっ はっ はぁぁっ…んはぁぁっ…」

 

情けない。情けない。俺は何をやっているんだろう。このままだと、こいつらに殺されるんじゃないか…AV撮影なんてのは口実で、俺を殺そうとしているんじゃないか。

 

意識がたまに途切れるものの、自分には戻らない。早く戻りたい。帰りたい。家に帰りたい。

 

自然に、ボロボロと涙が溢れてきた。

 

情けなくて、悔しくて、眠たくて、セックス中にも関わらず、ボロボロと涙がこぼれる。

 

「あぁっ あぁぁぁ…あぁぁぁぁぁぁ…眠りたい…ごめんなさい…もうダメです…眠りたいよう…股の関節が痛いし、ヒリヒリするの…助けて下さい。このままだと死んじゃう。もう、やめてください。もうダメだから。ダメなの」

 

そんな俺を見て、男優がスタッフの方へ何かを伝えていたが、撮影は続行された。

 

涙を流して、撮影中止を懇願していると、男優は本当に気の毒そうな顔をして、ゴメンね。と耳打ちした。

 

監督は、俺の方を見ながら立ち上がって、嬉々とした、興奮している様な顔をしていた。これが撮りたかったんだ。といわんばかりの表情だ。

 

セックスは続く。ほとんど声も出ない。疲労と眠気から、訳が分からなくなっている。食事を出されても喉を通らない。

 

早く終われば良い。早く終わって欲しい。早く眠りたい。その事だけを考えていた。48時間は本当に長い。

 

髪はグチャグチャだし、ベトベトしている。身体は何度も汗をかき、乾きを繰り返して、変な酸っぱい匂いが漂っている。

 

そして男優が再度変わった時、マンコにローションを塗られた。いつもの流れだろう。と思っていたら、いつもとは何かが違う。

 

「今回のは、興奮剤も入ってるから」

 

男優がバツの悪そうな顔で、そう耳打ちをしてきた。

 

興奮剤…?媚薬みたいなもんか…そんなの今更効くんかね…

 

興奮剤を塗られた時は、特に何も感じなかった。

 

しかし、時間が経つにつれて、少しずつ、少しずつだが股間が熱くなってくる。心が起き始めるとでも言うのだろうか。楽しいと思える感情が再度、顔を出し始めていた。

 

さっきまでは睡魔が強く、ただ眠たい。しんどい。としか感じていなかったんだけど、気持ち良さが蘇って来た。気持ち良さが睡魔に勝ってきている。

 

「はぁ…んっ あっ あぁっ ん、んんっ… あっ あっ あぁっ あっ あぁっ」

 

ピストンされている度に、また声が出始めた。汗や体液で化粧や髪はボロボロだったし、身体は臭かったけど、セックスがまた楽しくなってくる。

 

「あっ 凄い 気持ち良くっなってきたぁ! 良いっ 良いっ んぁぁっ もっとっ もっと、頂戴っ たくさん、突いてっ!」

 

先ほどまでは自分から動く気力は一切なかったのに、今では自分で腰を振って快感を貪っていた。

 

「気持ちっ 良いっ 気持ち良いよぉっ あっ あぁんっ あっ あっ あぁっ いぃっ もっと! もっと! もっとぉ!」

 

薬は一体どれ位の時間効いていたのだろうか。

 

気付くと俺はベッドの上でへたり込んでおり、身体には大きめのタオルがかけられていた。

 

ただ、先ほどまでと違うのは、セックスをしていないって事だ。長い、長い48時間が終わった様だ。

 

それから少しすると俺は抱えられて、他の場所まで運ばれようとしていた。きっと、身体を拭いてくれて、居心地の良いベッドにでも連れて行ってくれるのだろう。

 

ようやく終わった。

 

目を開くのもやっとだったが、これで終わった。俺の意識が朦朧としている。段々と目が閉じていく。

 

 

「ん?戻って来た?朝か…」

 

外はシトシトと雨が降っていた。あんな大変なAV撮影の現場を体験すると、俺の心も雨模様である。

 

「あー。それにしても疲れた。眠って夢を見て疲れるって何なんだろ。本当、あの監督、頭おかしいとしか思えないんだけど」

 

不思議なのは、夢の世界でリアルに48時間過ごしていたという事。あんなに長い時間、夢を見ていたのは始めてかもしれない。夢の中で眠たい、眠りたいと思ったのも始めてだ。

 

「あー。俺頑張ったし、今日は遅刻しても良いかな…二度寝しようかな…」

 

疲れ果てていた俺は、二度寝する事を決意した。

 

何これ。腹が出てるけど、俺妊娠してるの?

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

「お? おぉ? まさか…まさか…だよな…」

 

目を開いた俺は驚愕した。二度寝しただけのはずだったのに、また違う世界へと転移していたからだ。

 

「ちょ、マジ勘弁してよ…48時間ぶっ通しでセックスしたばっかりなんだけど…えー。マジかよ」

 

一体、今いるのはどこの現場なのだろうか。自分の体や周囲を見渡して、情報をかき集めた。

 

「ここは…ベッドの上で…ホテルっぽい場所で…俺…俺のお腹が…プックリ膨らんでて…重いんだけど…」

 

パッと見て、妊娠しているんじゃないか?と思う程、俺のお腹は出ていた。下を向いても、自分のマンコすら見えない。

 

そして、今いるホテルはお世辞にも綺麗な場所とは言えない。そこら辺のビジネスホテルよりも遥かに劣る。古いラブホテルって感じだろうか。

 

部屋の中に大きめの鏡があった。そこで、鏡に映し出された自分の姿を見て、とても残念な気持ちになってしまった。

 

控えめに言うとポッチャリ系…要するに、ただのデブだ。体重は3桁を超えているだろう。腹だけではなく腕や首、足、顔、全てが太い。胸よりも腹の方が大きく飛び出ている。

 

「それじゃ、そろそろ撮影始めちゃおっかー」

 

カメラを持った男性が、俺に向かってそう言った。傘のような照明をベッドに向けている。他に男の姿はなかった。

 

「あっ…はい。宜しくお願いします…」

 

「妊婦ものだからさ、プレイ中はできるだけ、お腹を庇うようにしてね?」

 

「あっ、私、やっぱり妊娠してるんですかね?お腹の子供って、撮影とかしても大丈夫なんですか?」

 

お腹に子供がいるのに、セックスなんかして大丈夫なんだろうか。子供に罪はない。純粋にそう思った。

 

「はははっw 何言ってんの? その腹は、ただの食い過ぎだって言ってたじゃん?妊婦ものってのはフリだからさ、フリ。」

 

「あっ…ですよね。はい。大丈夫です。宜しくお願いします。」

 

「うん。ただ、腹を庇う演技はちゃんとしてね。後、喘ぐ時、もうちょっと優しくしてとか、お腹の赤ちゃんがとか、言ってくれて良いから」

 

妊婦AVに飛んだかと思いきや、俺はただのデブだった様だ。それにしても、この男の態度はなんだ。女優を扱う態度じゃねぇだろ。くそ。

 

「じゃ、とりあえず、シャぶろうか。ほら」

 

男はカチャカチャとズボンを脱ぎ、パンツを下ろしたかと思うと、ベッドの上でカメラを構えたまま仁王立ちとなった。まだ勃起しておらず、シナシナのままだ。

 

「はい…」

 

俺は身体を動かして、男のモノを口に含む。ただ、自分の身体がやけに重く感じる。デブってのは、身体が動かしにくいんだなと気付いた。

 

フェラチオを続けている間に、色々な質問をされた。

 

「妊娠何か月なの?」とか「旦那さんはいるの?」とか「何でAVに出ようと思ったの?」とか。

 

俺はできるだけ、視聴者が喜びそうな内容を答えた。男は俺を見下ろしながらニヤニヤと笑って、次々と質問を投げかけてくる。なんか本当に、俺の事をバカにしてそうな雰囲気だ。マジムカツク。

 

舐め続けていると少しずつ、刺激を受けて男のチンコが口の中で固くなっていく。

 

「ん、もっと美味しそうに舐めてよ?ほら、男のチンコ好きなんだろ?孕んじゃう位、男のチンコが欲しいんだろ?」

 

「んっ…はぁい…男の人のオチンチンが大好きなんです…男のオチンチンが好き過ぎて赤ちゃんができちゃったんですぅ…」

 

「ん、もう入れてやろうか?ほら、横になれよ」

 

言われた通り、俺はベッドの上で仰向けとなったが、腹が重い。

 

腹が邪魔であまり分からなかったが、男は俺の股間付近でモゾモゾとしている。きっと挿入しようとしているんだろう。

 

「ほーら、入れちゃうぞー。妊婦オマンコに、生のオチンチン入れちゃうぞ?妊娠してたら、いくらでも中出しできるから良いよな〜」

 

イチイチ、人を馬鹿にしている様な口調がむかつくぜ。早く撮影終わって、帰りたい。

 

「はい…淫乱妊婦オマンコに、生のオチンチン入れて下さい…子宮がビックリする位、たくさん突いて下さい…」

 

そして、セックスが始まった。男は遠慮せずにガンガン俺の事を突き続ける。

 

「ちょっ…そんな激しくすると、赤ちゃんが…」「もうちょっと優しくしてくれないと、流産しちゃう…」などなど。俺は指定されていたセリフを呟く。

 

途中で体位を変えて、バックになった時は、自分の体を支えている腕がとてもしんどく、膝も痛かった。

 

騎乗位置はしていされなかったので、やらなかった。きっと重いからだろう。

 

最終的には正常位で中出し。男は果てた。中出しをした後は俺のマンコにカメラを近付けて、精子が垂れている所を撮影していた。

 

その後、男が回復した所で二回戦に突入。同じようなシチュエーションだったので、楽と言えば楽だ。

 

そして、二回目に男が果てた所で、俺の意識は遠のいていった。

 

 

「うわっ…戻って来た。それにしても、嫌みたらしい監督だったなー」

 

俺は二度寝をした時の、自分の部屋に戻ってきていた。鏡を見ると、自分の体だ。ほっと一息ついた。

 

「それにしても、監督との相性も大事なんだなー。マジあいつ、ウザかったし…」

 

前回の撮影が自然と頭に浮かぶ。人を小馬鹿にした様な態度、質問。あれはあれで、精神的に疲れた。

 

「はぁ…疲れたけど、疲れたんだけど…寝たらまた行っちゃうのかな…」

 

そして、寝る度にAVの撮影現場に転移する。この状況に疲れ始めていた。

 

「ま、考え過ぎても仕方ないし…学校行く用意でもするか…」

 

そして俺はノロノロと立ち上がった。少し伸びをして、自分の身体は軽い事を実感した後、学校へ行く準備を始めた。

 

全身ぶっかけ?30本以上のチンコが俺を囲む

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

「さてと…今日も行きますかね」

 

眠るとAV撮影現場の夢を見る。という事は自分の中で受け入れ始めていた。ただ、あれは本当に夢なのか?と言われると疑問は残る。

 

しかしながら、俺はAV撮影の仕事をしている間も、しっかりと睡眠を取れている事は間違いないだろう。今日も日中に眠たくなることなんて、ほとんどなかったし。

 

「今日は楽な現場でお願いしますよ…」

 

もしかしたら、今日は撮影現場の夢を見ないかもしれない。心の中では、そう軽く考えながら、眠りへと落ちた。

 

 

「やっぱり来ましたか…」

 

俺は小さく呟いた。

 

俺はすでに全裸だ。オッパイは大きい。そして、俺の事を囲むように男達が30人以上は立っている。中にはすでに自分でシゴいている男もいる。

 

カンペを持っているスタッフが見えた。大きなスケッチブックに、黒文字で「ニコニコして!たくさん、オチンチン集まってくれてる。どのオチンチンにしよっかな?」と書かれている。

 

「たくさんのオチンチンが集まってくれたんだね。どのオチンチンにしよっかなー?」

 

ニコニコとしながら、俺はそう言う。

 

この状況を見るに、すぐ理解した。これはきっと、ぶっかけ系だろう。ここまで男優が集まっているという事は、たくさんの精子を必要としているという事だろう。

 

「じゃ、あなたのオチンチンにしよっかな?」

 

俺はその中でも、清潔感のありそうな、爽やかそうな男を指差した。

 

男が俺に近付いてきて、チンコを眼前に差し出す。フェラチオ系ぶっかけか?と俺は勘繰る。これだけのチンコをフェラするのか?と考えると憂鬱な気持ちになった。

 

「ふふっ。美味しそうなオチンチン…どうやって食べちゃおっかなー?」

 

女の言葉もすっかりと慣れたもんだ。チンコを片手に見上げると、興奮している男が目に入った。早くしゃぶってくれ!と言わんばかりの表情だ。

 

ゆっくりと、ゆっくりと顔を近づけていって、亀頭の先端にキス。また男を見上げると、更に興奮している姿が見えた。男ってチョロいよね。

 

チンコを優しく口に含んでいき、口に含み終わった後は、ゆっくりと、前後に顔を動かしていくストローク。

 

何度か顔をピストンさせた後は、チンコから一度、口を離す。

 

「うふふっ…美味しいオチンチンッ」

 

そう言って、俺はまた口に含み、フェラチオを始めた。

 

フェラチオをしている最中に横目で周りを見渡していると、次々と男達が興奮した顔でパンツを脱ぎ始めていた。天に向かってガチガチに勃起しているやつもいるし、半勃ちのヤツもいる。

 

そして、その中の汁男優を見て、何か思う所があった。こいつ、どこかで見た事がある様な…?俺の友達にしては老けてるし…どこで見たんだろう?

 

そう考えていたら、舐めていたチンコが口の中から抜かれ、自分でフィニッシュに向けてシゴき始めていた。

 

「う…あぁ…イクッ!」

 

眼前でチンコの先端から白い液体が飛び出してくる。ここまで至近距離での射精を見るのは始めてだ。

 

生温かいモノが俺の顔にかかる。ドロッとしていて濃厚だし、量も多い。顔にかけられると匂いも強烈だ。精子独特の香りが鼻の奥を刺激する。

 

「わっ。ビックリしたー。凄くたくさん出たね」

 

俺がそう言うと、自動的に次のチンコが眼前にやってきた。俺は一体、何本抜けば良いんだろうか。

 

そして、俺の事を囲んでいた男優達が、一列になって並び始めていた。長い列だ。見ていて卒倒しそうになる。こいつらが全員イクまで戻れないのだろうか。

 

「次のオチンチン来てくれたんだ。嬉しいな。チュッ チュッ チュバッ チュバッ」

 

心を無にして、眼前のオチンチンを舐める。見上げると、男優は嬉しそうに俺の事を見下ろしている。

 

そっか。フェラチオって、女を見下ろして、性器を咥えさせるから、男の征服欲も満たすんだなー。と思いながら、舐め続けた。

 

更に一人、二人、と射精をさせていく。その度に俺の顔、髪、身体は精液に犯されていく。人によって精液の色が濃かったり、薄かったり、ちょっと黄色みがかかって匂いがキツいやつもいる。

 

口を開いて顔を動かし続けているせいか、段々とアゴが痛くなってきたので、手コキを多めに誤魔化していたら、カンペを持ったスタッフから「できるだけ舐めて下さい!」との指示が飛んだ。最悪だ。

 

舐めて出したら次の男。舐めて出したら次の男。延々と繰り返されるループ。何度イカせて、ぶっかけられたのか。ベトつき感や、匂いはあんまり気にならなくなってきた。鼻がマヒしてきたんだろう。

 

フェラチオをしながら、周囲を観察していると、射精したはずの男優がまた列に並ぶ姿が見えた。全く終わりが見えない。今でいったいどれ位の時間、俺はしゃぶっているのか…

 

延々と舐めては出させて、舐めては出させてを繰り返していた。あまりの単純作業に、ライン作業員になった気がする。

 

ベルトコンベアに乗って、流れてくる男達を舐めてイカせて、次の男がまた流れてくる。頭の中で妄想が広がる。どんな工場だよ。ハハハ。

 

「オチンチンが、本当に好きなんだねー。そんなに舐めれて嬉しいの?」

 

想像したら、ついついニヤニヤしてしまったようだ。男優から声をかけられた。

 

「はぁい。私、オチンチンが大好きなんです…オチンチンに囲まれて本当に幸せ…フフッ」

 

そしてまた一人の男をイカせる。そこから更に、やってくるオチンチンを何本舐めただろうか。少しずつだが、並んでいる男優の数が減って来た。

 

後、3人…後、2人…ラスト…と思ったら、再度一人追加され…そして、正真正銘のラストがやってきた。

 

最後の一人のモノを口に含む。勃起しているチンコは、微妙な硬さをしたゴムの塊の様だ。

 

最後の一人と言う事もあり、俺は思いっきりチンコを吸い、大きく顔を動かし、わざとらしく大きな音を立てた。

 

「ジュルルルルッ ジュルルルルルッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ!! はぁ… ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ!!」

 

ものの5分もしない内に、男が俺の口からチンコを離し、顔めがけて精子を放出した…

 

俺は一体、この時間内に何回抜いたんだろうか。何回ぶっかけられたんだろうか。本当に、感無量である。下手したらギネスブックに掲載されるんじゃないだろうか。

 

ふぅ…なんだかんだで疲れたな…。ボーッとしていると、段々と意識が遠のいていった。

 

 

「ん…終わったのか。フェラチオばっかりするってのも疲れるんだな。はぁ…」

 

「って、え?まだ外暗いし」

 

時計を見ると、夜中の1時を回った所だった。

 

神様扱い?昔のAV女優は好待遇だったの?

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

何十本、いや、何百本と次から次へとチンコを舐め、ようやく終わったと思って、夢の世界から戻ってきたら、まだ1時過ぎ。予想外の展開だ。

 

「結局、まだ2時間位しか寝てないじゃん。まだまだ眠いし、もう一回寝るかぁ…はぁ…」

 

また違う現場に飛ばされるんだろうなぁ。と考えていると、俺はまた眠りに落ちていた。

 

 

「はいはい。またやってきましたよー。ここはどこでしょうかー?」

 

心の中で俺はそう呟き、目を開いた。

 

目の前には少し古臭いスーツを着た男性。きっとマネージャーだろう。俺と目が合った。

 

「お疲れ様ですっ。今日は宜しくね!お腹とか空いてない?喉は乾いてないかな?」

 

「え?別に、お腹も空いてないし、喉も乾いてないですけど…」

 

「本当、それなら良かった。何かあったら、遠慮せずにいつでも言ってね。また来るから、ここでゆっくりしててね」

 

「あっ。はい…」

 

目の前にはマネージャーっぽい人がいる。やけに丁寧で、ずっとニコニコしている。しかし、やけに古臭いスーツを着ていた。

 

周囲に目をやると、大勢のスタッフがバタバタと準備をしている。それにしても、全てが古い。どういう事だ。

 

ビデオカメラも大きくてゴツゴツしているし、周りの人間の服装も古く、インテリアは豪華だけど、昔風だ。一体どんなシチュエーションなんだよ。これ。

 

俺の出番はまだみたいだったので、ボーッとしていた。

 

「つーか、暇だなぁ…夢の世界でも眠たくなってくるよ。今日は何を撮影するんだろうなぁ」

 

そして、今の現場で一つ気付いた事がある。現代人は持っているはずのアレを誰も持っていないという事。

 

「スマホ…スマホみんな持ってないのか?って事は…ここ、どこの時代だよ?俺、もしかして時代を超えたのか…まさかな…」

 

昔の時代はあまり詳しくないが、ここは1980年、1990年代頃と予想される。まだまだAVが未成熟だった頃の時代だ。

 

大きなビデオカメラに、テープを装着している様子が見えた。俺は使った事がないけど、あれがビデオテープってやつなんだろうか。

 

時間が経ち、マネージャーが戻って来て、現場へと連れていかれる。その際に簡単な説明を受けた。

 

話をまとめると、フェラチオする時は音を立てて、後は疑似なので男優にお任せという事。

 

「疑似?疑似って?」

 

「あっ。本番はないから安心して。フェラチオも、モザイクで隠すから。大変だろうけど、音だけ派手に立ててくれたら大丈夫だからね」

 

「へぇ…そうなんだ…分かりました」

 

現場に到着し、撮影が始まる。少しずつ服を脱ぎながら、ポーズを指定された。男優はまだ出てこない。メッチャ楽だし、メッチャ褒めてくれる。

 

全裸になった後も、様々なポーズをとった。まるでグラビアの撮影みたいだ。四つん這いになったり、手で胸を隠したり、股間を隠したり、足を交差させたり、座って足を組んでみたり。

 

かれこれ数十分は経過しただろうか。

 

「はい。オッケーです!疲れただろうし、一度休憩入りますね」

 

「は?」

 

グラビアシーンを撮影して休憩。どんだけ楽なんだよ。昔の撮影ってこんなのだったんか。俺の事を王様扱いしてくれるし、最高じゃねぇか。フフフ。

 

休憩に入った途端に、労いの言葉をかけられるわ、飲み物を持って来てくれるわ。の好待遇。

 

そこら辺で仕事しているやつに「ちょっと、手を止めて、俺の足を舐めろ」と言ったら喜んで舐めてくれるんじゃないか?と思う程、チヤホヤされている。ずっとここで過ごしてたい。快適すぎる。

 

そして数十分の休憩を満喫した後、再度撮影へ。

 

撮影は全裸となった状態からで、男優がピチピチのビキニパンツを履いてやってきた。すでに股間部分が大きく膨れ上がっている。

 

身体を愛撫されたが、気を使っているのか本当に身体をナゾる程度。ただ、気持ち良さそうな演技はしてやる。

 

そして、パンツを脱いだ男優からビヨーンッとチンコが現れた。中々のイチモツである。

 

俺は股間へと顔を近付けて、わざとらしく、大きな音を立てながら舐め始めた。

 

「チュッ チュッ チュバッ チュバッ ジュルルルルルルッ ジュルルルルルルッ ジュッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ」

 

フェラチオっぽい事はしているが、実際にチンコはほとんど舐めていない。ただ音を立てて、舐めているフリをしているだけ。男優も心得ているのか、大して気持ち良くないはずなのに、恍惚の表情を浮かべている。

 

できるだけ唾を出して、手と絡めると音が出しやすい事に気が付いた。どうでも良い知識がまた一つ増えてしまった…

 

ひとしきり舐めた後、男優に誘導されてベッドへ。

 

正常位でセックス開始。と思いきや、男優はチンコを挿入しないまま、セックスの演技を始める。

 

「あっ…あぁ、凄く中が温かくて気持ち良い…」

 

そう言って、男優は挿入したフリをして腰を振り始める。

 

「んんっ…あっ 私も気持ち良いっ…ん、あぁっ あっ んんっ んっ んっ んぁぁっ…いぃっ!」

 

ハッキリ言って、挿入無しの疑似では喘ぐタイミングが分からない。できる限り男優の腰に合わせて声を上げる様にしているが、ズレていてもおかしくないだろう。低クオリティなAVである。

 

正常位の後は、騎乗位、バックへと移る。が、どれも疑似。

 

騎乗位の時には、男優のチンコの上に乗る感じになっていたので、俺のマンコに擦れて逆にムラムラしてしまった。これが素股ってやつなのか。

 

最後はまた、正常位へ戻り、男優が腰を振る。俺は適当に喘ぐ。

 

段々と腰を振るスピードが速くなってきて、男優の「イクッ」という言葉と共に、俺の腹に射精した。

 

とは言っても、射精も疑似。よっぽど早漏でない限り、こんなので射精できる訳もないだろう。チンコを見ると、手にスポイトの様なグッズを隠し持っているのが見えた。疑似精子ってやつだろうか。

 

お掃除フェラもないし、とっても楽。そのまま寝転んでいたら、撮影は終わり、タオルをすぐに持って来てくれる。

 

シャワーを浴びてくる様に促されたので、シャワーを浴び、初めに待っていた部屋に戻ると、食べ物や飲み物が並んでいた。

 

どれも最近見かける事がない古い包装だったが、女の子が好きそうな物だという事は分かる。

 

「あー。本当に楽だった。ってか、俺の見ている夢って、時代を超えちゃうんだなぁ…」

 

見た事のないお菓子を一つ手に取り、口に放り込んだ。

 

「うわっ。メッチャ甘いんだけど…」

 

そして、のんびりしながらお菓子を食べていたら、段々と意識が遠のいていった。

 

憑依したら、完全拘束されている僕。今から何が起こるの?

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

「はぁー。何だよ。チヤホヤされてメッチャ快適で楽しかったのに…あんな現場だったら、いつでもウェルカムなのに…はぁ…」

 

時計をチラッと見ると、深夜の3時過ぎ。結局、さっき眠ってから2時間程度しか経っていない。

 

「えー。まだこんな時間か…まだ眠いし、もう一回寝るか…なんでこんなに眠りが浅いんかね…」

 

少し目が覚めてしまっただけなのだろう。そのまま目を瞑ると、すぐに夢の世界へと入っていった。

 

「つーか…今日は現場に何回出なきゃいけないんだよ…ふぁーあ…ねむっ…zzz…zzz…」

 

 

「ん…?えーっと…」

 

気付けば、俺の体は動かない。というか、ほとんど動かせない。

 

「えっ…?拘束されてる?」

 

手を動かしてみても、足を動かしてみても、稼働する範囲は限りなく狭い。手首と足首をしっかりと固定されているようだ。

 

そして、お腹の部分、つまり体幹の部分もバンドのような物で固定されていた。自分で身体を動かすことは不可能。唯一、動くのは顔だけ。

 

M字開脚というのだろうか?マングリ返しの様な恥ずかしいポーズで固定されている。これはSM関係の撮影なんだろうか…ムチで叩かれたり、ロウソクを垂らされたりするのだろうか。興味はなくもないが、全身を拘束されているというのは、ちょっと不安だ。

 

顔を動かして周囲を見渡してみた。

 

「は?どゆこと?」

 

一瞬、思考が停止した。マシンバイブとでも言うのだろうか。先端にディルドが付いており、今にも動き出しそうな大型の機械が、2つ設置されている。

 

それにしても、先端に付いているバイブが、やけに大きく感じた。日本の成人男性の平均チンポサイズよりも一回り大きいだろう。

 

俺はすでに全裸だし、もういつ撮影が始まってもおかしくない状態だ。

 

「それじゃ、セッティングもできたし、そろそろ始めましょっか」

 

監督と思われる人の一言で、現場が慌ただしく動き始める。とは言っても、俺の体は動かない。流れに身を任せるしかない。

 

俺の目の前…いや、マンコの前に、大型な機械が近付いてくる。ディルドを見ると、ドロッとした物で濡れている。ローションをたっぷりと塗布してくれたのだろうか。

 

俺のマンコの位置に合わせて、2つのマシンの高さ調整をしている。これができれば、すぐにでも撮影を始めるんだろう。

 

目を瞑って、俺は挿入される時を待っていた。この状況を受け入れるしかない。

 

1つのマシンが、マンコの入り口に当たり、押し込まれていく。

 

「んっ…少し冷たいっ…ん、あぁぁっ…大きい…」

 

ローションがたっぷりと塗られていた事もあって、痛みもなく大きなディルドを受け入れる事ができた。ズブズブッと音を立てて、奥の方まで入って来る。

 

あれ?そういや、マシンって2つあったよな。何で…?

 

「んっ…ひぃぃっ!!あっ、あっ、あぁっぁっぁぁぁっ…」

 

もう一つのマシンが、もう一つの穴目掛けて押し込まれていく。マンコとアナルの同時2点責めだ。

 

アナルに入ってくるのは、とてもキツい。あまり使い込まれていないのか、力を上手に抜く事ができないし、痛みを感じる。

 

「んんっー んんんっ… あぁっ…ちょっと、ちょっと苦しいっ…キツいですっ…」

 

「ん?大丈夫だよ。ほら、もうちょっと力を抜いたら、全部入っちゃうからね」

 

こいつはアホだろうか。女優がキツいと言ってるのに、この扱い。いや、企画系の女優なんて、こんな扱いが普通なのかもしれない…それにしてもキツい。

 

「うっっ…うぅぅぅっ…まだですか…まだ入ってくるんですかぁ…お尻が、お尻がキツいです…んはぁぁっ。ふぅっ ふぅっ…」

 

「もうちょっとだよ。ほーら、最後まで入っていくよー」

 

「お尻がっ、千切れちゃいそうです…キツいです…早くっ、早くして下さいっ。んんー!!あぁぁっ…」

 

「ほら、奥まで入ったよ?マンコもアナルも、この大きなディルドを飲み込んじゃったよ?」

 

「はぁー はぁー はぁー はぁー」

 

2ヵ所同時にディルドを突っ込まれると、気持ち良いと言うよりも、苦しい。

 

ディルドが入ったままだと、力を上手に抜く事ができないし、常に圧迫感を感じてしまう。早くこの時間が過ぎれば良いのに…そう考えたいた。

 

「よーし、それじゃ、電源入れるね」

 

「えっ…電源…」

 

ディルドを飲み込む事に精一杯で、すっかりと忘れてしまっていた。そうだ。こいつは動くんだ。

 

「ちょっ…ちょっと…まってっ!あぁぁぁっ。ダメェッ!まだ、動かしちゃダメぇぇぇっ!まって。まってよぉぉっ」

 

マンコとアナルに、ギュッと力を入れてみたが無駄な抵抗だった。マシンは凄いトルクで動き始める。

 

「ひぁぁっ んはぁぁっ はぁぁっ ぁぁっ あぁっ あっ あっ あっ あぁっ」

 

マンコはともかく、お尻は切れてしまいそうだ。ピストンされる度に、熱いものが走る。それでも機械はお構いなしに動き続ける。

 

「うぁっ あぁぁっ あっ あっ あっ あぁっ あっ あっ あぁぁっ あついぃぃっ あっ あぁっ!」

 

マンコとアナルに力を入れても、ディルドの動きは止まる事がない上に、身体を動かす事ができないし、全くの無力だ。延々とディルドに犯され続ける。

 

「んはぁっ んんっ あぁっ うぅっ うっ あぁっ あぁっ あっ あっ あっ あっ あっ あぁぁっ」

 

奥深くに当たるときに、自然と声が出てしまう。自らも濡れ始めているのか、股間付近はグショグショになっていた。

 

身体は動かすことができないものの、マンコに力を入れて調節してみたり、少しだけ腰の位置を変える事で、当たる角度が変わり、気持ち良さも感じる様になっていた。

 

この状態で、5分は突かれ続けただろうか。スタッフから声をかけられる。

 

「段々良くなってるみたいだから、スピード上げていこっか」

 

そんな冗談じゃない。確かに、挿入したての頃に比べると、気持ち良くなってきているが、まだまだキツいのに。

 

「えぇっ… ちょっ。ちょっとだけ待って。待って下さいっ いぃっ あっ んぁぁぁっ あっ あぁぁっ まってっ まってっ…」

 

ウィンウィンッと動いているマシンの音が、どんどん早くなっていく。人間ではこのスピードで腰を振る事ができない領域を超えているだろう。

 

「うぅっ あっ あぁっ あっ あっ あぁっ あっ あっ あっ あっ あぁぁぁぁっっ!」

 

「あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っ…あ゛っがががががっ…はやい…はやいぃ…こんなに早いと壊れるぅぅぅぅっ うっっ うぅぅぅぅっ!壊れちゃう。壊れちゃいますぅぅぅっ」

 

何を言ってもスピードは変わらない。奥に当たるテンポがとても早く、お腹の奥を何度も何度も、絶え間なく突かれている感覚だ。

 

「うぁぁぁぁっ…あついっ あついぃ もうダメッ ダメッ。おねがいぃぃぃ…もうとめてっ…あぁっ あっ ううああぁぁぁぁぅっっっ んはぁぁぁっ」

 

俺の声が届く事はなく、機械は延々と動き続ける。

 

マンコもお尻も緩んできているのか、苦しさは感じなくなっている。お腹の奥底から熱いものを感じる。身体の自由を奪われ、逃げたくても逃げる事ができない感覚だ。

 

マシンの動きには慣れてきたが、膣壁を延々と擦られて、常に声が出てしまう。愛液は常に溢れ出していて、体が枯れてしまいそうだ。

 

周りにはスタッフ達が、カメラ越しに俺の様子を伺っている。恥ずかしいポーズで固定され、こんなあられもない姿を見られる事は普通ないだろう。ただ、恥ずかしさは感じなかった。

 

「んっ あぁぁぁぁっっ ああっ あっ あっ あっ ダメダメダメっ いっくぅっ いくっ んんーーー! い、いっくぅぅぅっ!! ああっ!!」

 

頭が極限まで熱くなり絶頂を迎えた。が、マシンは止まる事がない。

 

「んうぅっ はぁぁぁっんっっ んんっ あっ あぁぁっ あうぅぅぅ… あっ あっ あっ あっ あっ あっ あぁぁっ」

 

そのまま責められ続けていると、スタッフが一人近付いてきて、機械の音がやんだ。

 

「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」

 

ようやく終わり…?これで戻れるのか?息も絶え絶えにスタッフの様子を見ていたが、俺の拘束を解く様子はない。手には黒い何かを持っている。

 

「はい。ちょっとごめんなさいねー。口を開いてー」

 

「んっ? んんーー!! んっ んんっ!」

 

いわゆるギャグボールというやつだろうか。口枷を唐突に口に押し込まれた。

 

「んっ! んんんっ!! んんー んんっっ!!」

 

呼吸をするのには問題ないが、喋っても全く言葉にならない。

 

ギャグボールを固定された後は、両方の乳首に金属製の大型クリップを挟まれた。大きな洗濯バサミとでも言うのだろうか。強い痛みが襲ってくる。

 

「ん゛んんっ゛゛」

 

乳首を挟まれて、痛くて声が出るが、言葉にはならない。

 

M字開脚の状態で拘束され、マンコとアナルにはディルドを差し込まれ、乳首には大型クリップを挟まれ、口にはギャグボール。

 

ギャグボールを付けていると、ダラダラと涎が垂れてきてしまう。何だか情けなくなってきたし、これ以上、何をされるのか不安でたまらない。

 

しかし、言葉も出ないし、身体を動かす事もできない。ただ目線を動かして、次に起こる出来事を待つしかできない。

 

スタッフは、大きなクリップが付いている俺の胸元に手をやり、何かの作業をしている。

 

必死に凝視していると、クリップの持ち手の丸穴部分に長い紐が括り付けられている。嫌な予感しかしない。

 

2本の紐を持ったまま俺から離れていき、他のスタッフに手順を確認している。そして一台のカメラが俺に近付いてきた。これから何が起こるのか容易に想像できてしまう自分が悲しい。

 

「んんっー! んんんんっ゛ んんんっ゛」

 

紐を手にしているスタッフの方へ向けて、必死に顔を左右に振り、声を出して懇願した。怖くて涙がボロボロと溢れて来た。もう中止にして欲しい。これ痛いのは嫌だ。

 

きっと、これから紐を引っ張るのだろう。こんなに強く挟まれているクリップを引っ張られたら、乳首が千切れてしまうかもしれない。ただでさえ挟まれているだけでも強い痛みを感じているのに。

 

俺の必死の様子を見て、離れて紐を持っているスタッフが笑顔を見せた気がした。もうダメかもしれない。

 

「んんっ゛ んんっ゛ んんんっ゛」

 

それでも最後の望みをかけて、声を出し、必死に首を振る。恐怖で身体が震えていた。涙もとめどなく溢れている。

 

俺の望みが伝わったのか、紐を手にしていたスタッフが俺の方へ近付いてきた。このプレイは中止にしてくれるのだろう。

 

「あらら。漏らしちゃってるんじゃないの?そんなに楽しみなんだね」

 

下卑た笑いを浮かべ、スタッフは俺に囁いた。どうやら気付かない内にお漏らしをしてしまっていたようだ。

 

そう言うと、また俺から離れていき、紐を少しずつ引っ張っていく。たるんでいた紐が段々と張りを取り戻していく。

 

「んっ゛ ん゛ん゛ん゛っ!!」

 

少し引っ張られただけでも、張力がかかり、胸先に強い痛みが走る。

 

俺の事をからかうかの様に、ツンッ。ツンッ。ツンッ。と、紐が引っ張られる。その度に痛みが走り、悶絶してしまう。

 

「んっ゛゛゛゛゛」

 

それは唐突にやって来た。胸の先が熱く、とても熱くなった。焼ける様な熱さを感じてから少しして、後から痛みがやってくる。何が起きたのか理解するまでに時間がかかった。

 

「ん゛ん゛っ! ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛っ!」

 

右側の乳首に付いていたクリップを、勢い良く引っ張り外したのだ。とても痛い。こんなに強い痛みを感じたのは初めてかもしれない。

 

右側の乳首を見ると千切れてはいなかったが、皮はめくれ、真っ赤になっており、血が滲んていた。

 

痛みは続く。自然と息が荒くなる。

 

そんな俺の様子をスタッフが見て、近付いてきたかた思うと、ディルドにローションを垂らし、再度電源を入れた。

 

「ん゛ んっ゛゛ んっ゛゛ ん゛゛ んん゛゛」

 

落ち着き始めていた感覚が、再び刺激される。膣とアナルを交互に擦られる度に熱く、熱く感じる。

 

喘いでいると、出てくる涎の量が増える。口から垂れた涎は、身体の方へと滴り落ちている。

 

「んっ゛ ん゛ん゛ん゛ーー!!」

 

少ししてから、左の胸に痛みが走った。ディルドの動きに合わせて、紐をツンッ。ツンッ。と引っ張られている。

 

「ん゛゛! んっ゛! んっ゛! んんっ゛゛! ん゛゛!!」

 

思い出したくない痛みを思い出してしまった。右胸を見ると少し血が垂れている。

 

思わず身構えてしまいそうになるが、ディルドが動き続けている為、身体に力を入れる事ができない。

 

いつ、一気に引っ張られるのか分からないから怖い。またあの痛みが襲ってくるかと思うと、恐怖でしかない。

 

その後、数分はツンッ。ツンッ。と紐を引っ張られるだけだった。

 

更にそこから時間が経つと、紐が緩み、紐を手にしたスタッフがこちらに近付いてきた。

 

もしかして、これで終わり…?紐を引っ張るのは一回だけだった?心の底からホッとしていた。

 

「ん゛゛ん゛っー! ん゛ん゛ん゛ーー!!」

 

右側の乳首を激しい痛みが襲う。前方には両手に紐を持ったスタッフ。

 

なんで?なんでまた、右の乳首をクリップで挟むの?

 

痛い痛い痛い。痛い痛い。皮がむけた乳首は、痛覚がむき出しになったかの様な痛みだった。

 

スタッフがゆっくりと離れていき、二つの紐に張力がかかっていく。そして、両手を前方に出したかと思うと、素早い勢いで引っ張った。

 

「ん゛゛ん゛ ん゛ ん゛ ん゛っっ!!」

 

俺は、鋭く、熱い様な、今まで感じた事のない強い痛みを感じた。それと同時に、乳首のどちらか、ビリビリッと何かが破けたかの様な音がした。

 

 

また拘束されてる俺。ニューハーフ連続射精の巻

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

「うわぁぁっっ!!!?ああぁっぁあぁっ!?!?!?」

 

「あ、あれ…?ここは、俺の…部屋?戻って来た?撮影中だったんじゃ…?身体が、動く…動かせる…」

 

時計を見ると、深夜の3時過ぎだった。先ほど眠った時から時間は経っていない。

 

「時間が過ぎてない?なんで?結構長い時間、撮影してたと思うんだけど…」

 

「うーん…それにしても、さっきの撮影で、痛過ぎて意識が飛んじゃったと思うんだよなぁ。だから戻って来た?それとも、そのまま撮影続行されて、最後まで覚えてないとか?それか、あれがクライマックスだったとか??」

 

「つか、何なんだよ。あの糞AV。ディルドはまだ分かるけど、乳首クリップは危ねぇだろ。乳首取れたらどうするつもりなんだよ」

 

正直、今まで見た事がないジャンルのAV撮影を体験して俺は疲れていた。とは言っても、身体は痛くも痒くもないので無害と言えば無害だが。

 

「はぁー。もう良いか。とりあえず寝る。もう朝までグッスリ寝たい。よし、寝よう」

 

俺は自分に言い聞かすかのように目を閉じた。

 

「あーあ。さっきの現場に戻されたら嫌だなぁ。気持ち良さもクソも無いしなぁ」

 

先ほどの現場が強烈過ぎて、目を瞑っていても中々寝付けない。気持ちが高ぶっているのだろうか。

 

布団の中で、右に左に何度も体勢を変え、眠れそうなポジションを探している内に眠りに落ちていた。

 

 

「…ん?俺、眠れた?」

 

チラチラッと目線を移し、自分の様子を確認する。身体は…動かない。また拘束されている。

 

嫌な予感が頭をよぎったが、前回と拘束の雰囲気が違う。どうやら違う現場のようだ。

 

「ふぅ…前回の続きだったらどうしようかと思ったよ。でもまた拘束されてるのかぁ」

 

今回もM字開脚のポージングでのロープ拘束。手と足は固定されていて動かす事はできない。そして、既に全裸である。

 

「それにしても…あれ?オッパイの張りがなんか…これ、人工オッパイじゃない?それに、ちょっと…身体が…??」

 

自称AVソムリエである俺は、天然オッパイと人工オッパイの区別は熟知していた。重力に負ける事無く、張りを保っているオッパイは大半が人工である。

 

そして、身体が「女の子」と言うよりも、少しガッシリしている事が気にかかっていた俺は、自分の股間を覗いてみた。

 

「え…ちょっと待てって。これ、股間にあるモノは…オイオイオイオイ」

 

俺のチンコよりも立派なモノがぶら下がっている。ズル剥けだし、パイパンである。

 

「えぇぇぇ゛゛゛゛ちょっと待って。男じゃん。男と言うかニューハーフ?ニューハーフ系のAV??マジかよ…」

 

頭の中はプチパニックであったが、冷静に考えをまとめる事にした。

 

今回、俺はニューハーフ系のAV女優になった。とりあえずM字開脚で拘束されている。人工オッパイが付いている。アナルセックスをする…?

 

「うーん。ま、アナルセックス位だったら大丈夫か。ハードなやつじゃなきゃ良いなぁ」

 

撮影の時間が始まったのか、一人の男が全裸でニコニコとしながら近付いてきた。こいつがきっと男優だろう。ハッキリ言って、キモ系のオッサンだ。

 

ニューハーフ系のAV男優は、通常のAVの男優よりも劣るのが定番。仕方ないのか…

 

俺は全く興奮していなかったので、勃起しておらず、ダラーンッと重力に従いぶら下がっている。

 

「凄く立派なオチンチンしてるね。可愛いオチンチン」

 

「え?」

 

オッサン男優はそう言って、俺の股間へ顔をうずめ、俺のチンコを下からすくい上げる様にして口に含んでいった。

 

「おっきぃぃ…おいしぃ…」

 

いや、ちょっと待って。それって俺と立場反対じゃないの?待て待て。なんで俺は男にフェラチオされてるんだ。

 

ジュルルルルッ ジュルルルルルッ ジュルルルルルッ

 

音を立てながら、舌先で亀頭を刺激される。舐められると同時に、両手で乳首を刺激された。

 

「んっ…やばっ…気持ちいいかも…」

 

キモ系の男優を見ていたら萎えてしまうので、俺は咄嗟に目を瞑った。すると、味わった事のないフェラテク&乳首責めが俺を襲う。気持ち良過ぎる。

 

乳首をクリクリッとつままれたり、触れるか触れないかの所でフェザータッチをされたり、乳首から全身に快感が伝わっていく。

 

フェラチオも見習いたい程に上手い。口に含みつつも、舌を上手に使い、優しく包まれているような、それでいてまったりとした濃厚なテクニック。

 

普段しているオナニーとは段違いの気持ち良さで、あっと言う間に俺のチンコはギンギンに硬くなっていた。

 

「もうこんなに大きくなったね。気持ち良いの?」

 

「…はぃ。気持ち良いです…恥ずかしい…」

 

正直、屈辱的だ。こんなキモいオッサンにガチガチに勃起させられ、感じさせられてしまうなんて。

 

「そっか。それじゃ、もっと気持ち良くしてあげるね」

 

オッサンはそう言って、俺の乳首から手を離した。メチャクチャ気持ち良かったから、そのまま乳首を弄んでくれてても良かったのに。

 

再び俺のモノを口に含み、フェラチオ再開かと思いきや、俺の脳天に快感が走った。

 

アナルに指を突っ込まれ、前立腺をクリクリと的確に刺激されている。

 

「んあっ…んあぁぁ…んんっ んんっ んっ んっ んっ んはぁぁっ…」

 

こんなに気持ち良いのは初めてだ。男のアナルって、こんなにも気持ち良いものなのか。女の快感と似ている部分がある。

 

そして、アナルへの刺激も気持ち良いが、舐められているのも気持ち良い。

 

「んっ…んはぁぁんっ…きもちぃぃっ…」

 

片方の余った手で再度、乳首をつままれた。アナルとチクビとチンコの三点責め。気持ち良過ぎる。気持ち良くない訳がない。

 

まるで、チクビと亀頭と前立腺が、快感を相互に伝え合っている感覚だ。

 

「んんっ…あぁぁっ…きもちぃぃっ…あぁ、ヤバい。そのままされると、イッちゃいそう。イキそう…」

 

ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッ ジュッポッッ

 

オッサンは俺の言葉に構わずに、刺激を強める。このままイッて良いという事だろう。

 

「ヤバい…ヤバいぃ。イッちゃう。イキそう。ダメダメダメダメっ。あぁ!イクッ!!イッくぅぅぅっ!!」

 

ドクドクドクッ ドクッ ドクッ

 

大量の精子が、オッサンの口内に放出されたのが分かる。自分でもビックリする位に出ただろう。

 

オッサンの動きは止まり、俺がぶちまけた精子を全て受け取るかのように、チンコを吸っている。とてもくすぐったい。

 

オッサンはチンコから口を放し、カメラに向かってベロを出している。俺の精子を撮影しているのだろう。なんか恥ずかしい。

 

精子を撮影後、何事もなかったかのように、オッサンは俺の精子をゴックンした。

 

そして、そのままアナルセックスの撮影へ移っていくのかと思っていたが、オッサンは再び俺のチンコを咥え、アナルに指を差し込んだ。

 

「んんぅぅ…ちょっ。えっ 待って、待って。今、イッちゃったから。ダメダメ。くすぐったいって。けんじゃ…賢者タイムだからっって!!」

 

俺が「賢者タイム」という言葉を口にした瞬間、オッサンは驚いた表情で顔をあげ、そして笑っていた。どうやら賢者タイムという言葉がツボったらしい。

 

「そっかぁ。賢者タイムなんだね。大丈夫、大丈夫。任せてたら大丈夫だからね」

 

そう言って、少し萎え始めていた俺のモノを咥え、さっきと同じように舐め始めた。

 

「んん゛゛ダメッ。ほんとにだめ。やめて。くすぐったい。くすぐったい。あぁぁぁぁっそんなぁ…亀頭ペロペロされると、おかしくなりそうぅぅ。ダメだってばぁぁぁ!!!」

 

気持ち良いというよりも、くすぐったい気持ちが遥かに勝る。

 

何とかこのくすぐったさから逃れようと、腰を動かしてみるが、拘束されている上にオッサンにしっかりと押さえられているので、効果はない。

 

しかし、俺の意思に反して、少しずつだがチンコが硬くなっていた。チンコが大きくなっていく度に感度が上がっていき、くすぐったさが増していく。

 

前立腺、乳首、亀頭、全てが敏感になっていて、何とも言えない状態だ。

 

「ん゛ん゛ん゛ん゛ あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っ もうだめっ。本当におかしくなるから。おかしくなっちゃうからあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ だめだってばぁ゛ぁ゛ぁ゛」

 

その後もオッサンは俺のチンコを舐め続けていたが、少し時間が経つと、チンコから口を離した。

 

「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」

 

終わり?これで終わり?と思っていると、俺のチンコを片手で握り、もう片方の掌の柔らかい部分を使い、亀頭を素早く擦り始めた。

 

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ う゛ぅ゛ぅ゛ぅ゛ぅ゛ぅ゛ う゛ぁ゛ぁっ゛ぁ゛ぁ゛あ゛ぁっ゛なんかぁっ、オシッコが。オシッコがあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

 

亀頭を集中的に責められ、尿意が極限まで達していた。

 

「オシッコが出るっ!!オシッコがあ゛あ゛出ちゃうぅぅぅっ!!」

 

「良いよ。オシッコ出して良いよ」

 

「そんなぁ…!!出るぅ。本当に出る。あ゛あ゛あ゛」

 

次の瞬間、俺のチンコの先端から何かが噴出していた。まるで噴水の様に、透明のキラキラした液体が飛び出していた。

 

「わ。出た出た。凄いたくさん出てるね」

 

オッサンはそう言って笑顔を見せながらも、延々と亀頭を擦っている。

 

「あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ 出ちゃった…凄いオシッコ出ちゃった…もう、もう止めて…止めて下さい…」

 

「これは潮吹きだよ?凄く飛んだねぇ」

 

「潮吹き…?これが潮吹きなんですか…ハハッ…そうなんだ…」

 

潮吹きは人生で初めての体験だった。極限まで我慢していたオシッコが一気に噴出したような感じだった。気持ち良さはあまりなかったが、何かから解放されたような気分だった。

 

潮吹きをしたから、良い画が録れただろう。これで休憩にでも入るだろうと思っていた。

 

オッサンが離れていったかと思うと、戻って来て、そして俺のチンコを掴み、機械に挿入させられた。

 

え。これ、電動式のオナホールだろ?知ってる。知ってるけど…

 

この性家電と呼ばれる電動式のオナホールが発売された当時、俺は欲しくて欲しくてたまらなかった。しかし、学生の俺にとっては高額で手が出なかったやつだ。

 

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)
A10サイクロンSA +PLUS(プラス)

※参考画像

 

今回、こんな形で憧れのオナホールと対面してしまうとは。挿入した瞬間はヒンヤリとしていたものの、包み込まれるような感触は悪くない。

 

いや、でもちょっと待てよ。この機械が欲しくて憧れていたけど、今はちょっと無理だろ。まだまだくすぐったいし、全然ムラムラしてないし。

 

「この機械をどうするんですか?この機械って…何に使うの?」

 

「大丈夫だよ。すぐに気持ち良くなるから。そのまま待っててね」

 

オッサン男優はそう言って、機械のスイッチ部分を確かめるようにして触っていた。

 

「あ。これか。それじゃ、いくよ?」

 

オッサンがそう言ったかと思うと、機械は音を立てて動き始めた。

 

ウィンッ ウィンッ ウィンッ ウィンッ ウィンッ ウィンッ

 

「ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛んっ゛ すごいぃ゛ あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁっ゛」

 

チンコにまとわりつくようにして、機械が動く。トルクは力強くて、少々の摩擦では止まる様子がない。

 

フェラチオでの縦の動きとは違い、回転運動が中心となっているこの動きは、ほとんど体験した事のない刺激だ。

 

圧も程々に強く、それでいて全体を均一に刺激されている。かなりの高性能マシーンだ。ムラムラしてる時であれば相当に気持ち良いだろうが、今この動きをされるのは辛い。

 

オッサンは、俺の様子を見ながらスピードを調整したり、動作パターンを変更したりしていた。

 

オッサンが機械の使い方に慣れて来た頃、他のスタッフがオッサンに何かの機械を追加で手渡していた。

 

「ちょっとぉぉっ これ以上、どうするのぉぉっ もうダメぇぇっやめてっ。やめてくださぃぃぃっ!!」

 

俺の言葉は誰にも届かず、アナルに何かを押し込まれた。

 

スルスルッとアナルに吸い込まれていった後、グイングインッと刺激が始まった。こちらも電動式のグッズである。

 

「んああぁっ おしりも、凄いっ お尻も熱いし、オチンチンも凄いよぅぅっ んんんんんっ ふうううぅぅうっっ!」

 

「んんっ…あっ あっ あぁっ、ヤバいぃ。そろそろ…イクッ うっ… また、いくっ いっくぅぅぅっっ いっちゃうぅぅぅうっっっ!!」

 

身体がビクビクビクッと、何度も痙攣する。頭が真っ白になって何も考えられない。ただ、お腹の底が熱い。電気がほとばしる様な感じだ。

 

機械に搾り取られるように、二度目の射精をした。連続射精をした…させられたのは初めてだ。気持ち良くない事はないが、一度目の射精に比べると量も少ないし、快感もそこまでではない。

 

しかし、イッた後も機械は無情にも動き続けている。

 

「あぁ…ちょっと…すいません。また、イッちゃったんで…イッちゃったんで、止めて下さい!もうやめてぇぇぇ…もうダメだって。ダメだからぁぁぁっ!!」

 

我に返った俺は懇願したが、機械を支えているオッサンは、ニコニコしているだけで全く返事はない。

 

「あぁぁぁぁっ…くすぐったい…止めて、機械を止めて!本当にもう無理だから、あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁっ゛おかしくなるう゛う゛う゛ぅ゛ぅ゛」

 

何とか機械の動きから逃げようと、拘束された身体を動かそうとしたが、逃れる事はできない。こうしている間も機械は動き続けている。

 

「ちょっ、お願いします。もうイッちゃったんです。くすぐったくて、もうダメなんです…すいません…お願いします。これを止めて…止めて下さい…もう二回もイッちゃったからぁぁ!!」

 

俺は情けなくなった。二度目の賢者タイムだと言うのに、オナホールとアナルグッズは動き続けている。

 

そのまま機械が動き続けていると、少しずつだが身体に変化があった。自分の意思に関係無く、射精をする訳でもないのに、ビクビクッと身体が痙攣し、強い快感が波の様に襲ってくる。

 

開発が進んでいるお尻を刺激されているからなのかもしれない。女性のオーガズムに近いような感覚だ。

 

その後、機械による責めは延々と続き、俺は何度も何度も精子を搾り取られた。最後の方になると、イク感覚はあったものの、精子が出ている様子はなかった。

 

精も根も尽き果てるとはこういった事なのだろうか。

 

撮影が終わり、機械を外してもらい、拘束を解いてもらったが、俺は一人で立つ事ができなかった。

 

立ち上がろうと、足に力を入れようとしたが、プルプルと震えてしまい、その場に座り込んでしまった。

 

ボーっとしていると、誰かがタオルを背中からかけてくれた。過酷な撮影が、ようやく終わった事を実感したのであった。

 

「ニューハーフってやつも楽じゃないんだな…」

 

俺は目を瞑り、プルプルと震えている内腿に手を当て、気持ちを落ち着けるように、身体の力を抜いた。

 

 

ヤバ過ぎ危険。素人AVで変なドラッグを使ってたんだけど

※こちらは参考AVです。小説内の物とは何も関係ありません。

 

「ふぅ…戻って来たか。連続射精…ハードだったなぁ…」

 

「でもまぁ、憧れの電動オナホールをタダで使えたし、良かったと言えば良かったんかな…」

 

時計を見ると早朝の5時だった。俺が起きるには早すぎる。学校は2時限目から行けば良いし、もうひと眠りするか。

 

布団から出る事無く、俺はそのまま目を閉じた。布団の中がとても暖かく感じる。

 

「あー。それにしても今日は何回、現場出るんだよ。これで最後だったら良いんだけどなぁ。今日はもう終わりでも良いんだけどなぁ。ふぁーあ…zzz…zzz…」

 

 

「また来たか…」

 

俺はゆっくりと目を開き、身体の状態を確認した。拘束は…されてない。よっしゃ。心の中でガッツポーズ。

 

手や足が自由に動かせるって、本当に最高である。思わず俺は伸びをした。

 

そして、服は半袖に、ショーパン。茶色の髪が胸元まで垂れていて、露出の多いギャルちっくな服装である。

 

周囲を見渡すと、ビジネスホテルの室内って雰囲気。ベッドは大きめサイズが二つ並んでいた。

 

「んー?今回は、ビジホでの撮影か?スタッフは…」

 

テーブルの近くでスタッフが二人、タバコを吸いながら談笑していた。いかにもな感じの強面である。1人は太っていて、シャツから刺青が見えている。お洒落な感じではなく、和風な感じの彫り物だ。そして、もう一人は肌が浅黒く、短髪でイケイケな感じのお兄ちゃんである。

 

「げー。マジでイカついし。怖い系じゃん。ついてないなぁ…何事もなく終われば良いんだけど…」

 

カメラは三脚を使って一台を固定しており、もう一台は手持ちのハンディカメラがテーブル上に置いている。プロが使う感じのものではなく、家庭用だろうと思う。

 

「なんだこれ。場所も場所だし、素人系のAV撮影かなぁ?雰囲気怖いし、帰りたいわ…」

 

準備が整ったのか、男達が近付いてきて、手持ちのカメラを俺の方に向け、撮影が始まった。

 

俺はベッドに腰掛けたままで、色々と質問に答えていく。とは言っても、この女の情報が分からないから、全ての返答が適当だ。初めの質問に詰まっていたら「質問の答えは適当で良いから」と男側から打診があったし。

 

「そっかーそうなんだー。オナニーはするの?週に何回ぐらい?」

 

男達が優しく問いかけてくる。とは言っても、眼は笑ってないのが怖い。

 

5分位はインタビュータイムがあった。そして、それが終わると一枚ずつ服を脱いでいくように指示があった。

 

胸元をさらけ出した時は、男達の目の色が変わり、ゴクリと唾を飲んだ音が聞こえた気がした。

 

「オッケー。じゃ、プレイの準備するから、ベッドの上で待っててくれるか?」

 

「はい…分かりました」

 

全裸で待っているのは恥ずかしかったので、ベッドに置かれていたバスタオルを身体に巻き、ベッドの上に、ちょこんっと座った。

 

少ししてから刺青男が近付いて来て、俺に言った。

 

「先に入れとくから、足を開いてくれるか?」

 

「あっ。はい…」

 

入れる?何を??ローションでも塗るのかな?俺は指示された通り、仰向けになり足を軽く開いた。刺青男は何も言わずに、マンコの場所を確認し、グッと指を一本、押し込んで来た。

 

「んっ…くぅっ…」

 

「んー。せっかくだから、もうちょっと入れとくか」

 

そう言って、一度指を抜き、何かを確認してから再度マンコに指を押し込んで来た。

 

「よし。これで大丈夫だから、ちょっと待ってな」

 

男はそう言ってテーブルがある方へと戻っていった。

 

スムーズに指が入って来たし、ヒンヤリとしたから、ローションでも入れておいてくれたのだろう。ぶっきらぼうだが、意外と女の子想いなのかもしれない。

 

テーブルの方を見ると、短髪男が既に全裸になっており座っている。横では、刺青男も服を脱ぎ始めていた。

 

「ん?あれ何してるんだろ?」

 

短髪男が、自分の腕に何かを注射しているように見えた。注射器の筒部分が赤くなり、それを再度押し込んでいる。そして注射が終わった後は、座ったままで天を仰ぐように止まってしまった。

 

「…は?」

 

刺青男も服を脱ぎ終わった後、自分自身に注射している。何とも手慣れた様子だ。

 

「…え?なんかの治療…じゃないよね…それって、法律で禁止されてて、人間やめますか?ってやつだよね…?ヤバいだろ…」

 

初めて目にした光景に、驚きを隠せない。薬物がこんなにも身近にあるなんて思いもよらなかった。

 

こんな状態で、どんな撮影をするのだろうか、不安だった。

 

そんな時、ゾクゾクゾクッと、今まで感じた事がない様な寒気がした。

 

その場に座っていられなくなり、寝転んで布団をギュッと抱き、強く目を瞑った。

 

バクッバクッバクッと、心臓の音が聞こえる。グルグルグルグルと目が回り、目を開けていられない。

 

どれ位の時間、その姿勢でいたのだろうか。

 

急に肩を掴んで身体を起こされ、バスタオルを剥ぎ取られた。そして、短髪男は強引にオッパイにむしゃぶりついてきて、マンコに指を入れてくる。

 

「んっ…!つぅぅっっ…!!」

 

胸先と膣から電撃が走り、俺の身体はビクッと大きく痙攣した。

 

胸を舐められるだけで、強い快感の波が襲ってくる。膣からは愛液が溢れて、指をかき回される度に感じた事のない快感を得ていた。

 

「んっはぁぁぁっんっっ いっくぅぅぅぅっ あぁぁぁっ… いくぅぅぅっっ!!」

 

乱暴に膣をかき回されるだけで、何度も何度もイッてしまう。胸を舐められるだけでも、いつもの何十倍の気持ち良さを感じる。

 

「うっっうぅぅぅぅっ゛゛ あぁっっっぁぁぁっっ゛゛ きもちぃいぃっ゛ なにこれぇぇぇ゛゛きもちぃぃぃいぃっ゛゛ あっ゛ あっ゛」

 

絶頂を迎える度に身体はのけ反り、膣からは潮があふれ出して、シーツがビショビショになっていた。

 

「あぁ゛ あ、がぁぁっ゛゛」

 

オッパイに鋭い刺激が走り、声が出る。乳首を噛まれた。強く噛まれた。痛い…はずだけど、痛みが快感へと変換されている。

 

両方の乳首を何度も噛まれた後、俺の股間へ顔を移したかと思うと、クリトリスを強く噛まれた。

 

「いぃ゛゛ あぁっ゛ぁぁぁっ゛」

 

が、痛くはない。むしろ気持ちが良い。気持ちが良過ぎる。クリトリスが千切れても良い。いくらでも噛んでもらいたい気分だ。

 

マンコをベロベロに舐められて、時折、クリトリスを強く噛まれる。身体の奥底からジンジンと溢れてくる快感に陶酔していた。こんな気持ちの良い撮影があったなんて。

 

延々と舐められ、噛まれた後、短髪男は俺の髪を掴み、強引に顔を股間に近付けさせられた。

 

短髪男のモノは、ブラーンと垂れていたが、救いあげるようにして口の中に頬張った。強く吸い付き、夢中で舐め回す。口内からも快感が溢れてくる。

 

短髪男は舐められる度に、歓喜の声をあげている。俺も気持ち良くて、夢中で舐めながら、自分のオマンコを自分で激しく弄んだ。

 

いつまでも舐めていられる。

 

ずっと舐めていられる。

 

フェラチオをしながら、空いた手を使って自分のマンコや乳首を刺激した。乳首を潰してしまいそうな位、ゴリゴリと力を入れると、これがまた気持ち良い。

 

無我夢中で舐めている最中、何度かベッドに押し倒されて挿入されそうになったが、短髪男のモノが勃っておらず、またフェラチオを再開した。

 

長時間、舐めていてもアゴすら疲れない。それどころか、もっともっと、いつまでも舐めたくなる。

 

ジワジワと、短髪男のモノが硬くなってきた。硬くなってきたチンコを舐めるのは、口の中での刺激が強くなってきて気持ちが良い。

 

またベッドに押し倒された。

 

女性をソフトにリードするのではなく、獣の様に強引に押し倒され、足を無理やり開かされ、そしてチンコを突っ込まれる。

 

ようやく挿入する事ができた。入って来た瞬間にイッてしまう。膣が熱く感じる。胸を鷲掴みにされ、腰をガンガンと打ち付けられる。

 

パンッ パンッ パンッ パンッ! パンッ!

 

「あぁっ゛゛ あっ゛ あっ゛ あぁぁっ゛ ぁっっ゛゛ ひぁあっ゛ あっ゛ またいぐぅぅぅ゛ あぁっ゛ あっ゛ いぐぐぅぅぅぅっ゛゛」

 

常にイキっぱなしの状態。いつもの絶頂の快感が常に続いており、更に強い絶頂が何度も波を打つようにやってくる。

 

バックをしている時にケツをつままれたり、強くスパンキングされたりすると強い快感が襲ってくる。

 

バックの状態で少し目を開くと、テーブルが目に入った。その横では刺青男が椅子に座ったまま、恍惚とした表情で一人、シコっている。

 

「アハハハハハ アハハハハハハハハハ」

 

こいつは一人でずっとシコってたのだろうか。ツボに入ってしまい、喘ぎながらも笑いが止まらない。

 

「アハハハハハ アハハハハハハハハハハハハ…んんっ゛んぐぅぅ゛゛」

 

ずっと笑っていたら、口の中に自分のパンツを突っ込まれた。苦しい…が、この変態的行為に幸せすら感じてしまう。

 

その後、長い時間、本能の赴くままに快感を貪った。

 

途中で膣の中に薬を追加され、何度も絶頂を迎え、何度も中出しをされた。

 

 

どれ位の時間が経ったのだろうか。カーテンから漏れていた光は見えなくなっている。外はきっと真っ暗闇だろう。

 

「はぁ…はぁ…とりあえず…疲れた…」

 

俺はポツリと呟いた。身体が物凄く重い。ダルい。しんどい。指を動かす事すら辛い。今まで気持ち良かった分の疲労が一気に出て来た感じだ。

 

撮影は終わっていたが、シャワーを浴びる元気すらない。眠りたいけど、眠れない。

 

顔を動かすのも面倒だった。物音は聞こえるが、男達が何をしているのかも分からなかった。

 

「あー。しんど…」

 

目を閉じて、少しでも疲労を回復させようとした。

 

「ははっ…しんど…」

 

 


※無修正作品を見るならココ!安定感抜群!初裏作品や独占作品が大量にある!

 

終わりに&後書き

画像

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

 

まぁ……この話は実話ではなく、完全に僕の頭の中で繰り広げられている妄想ですのでw

 

※良かったら、アペックスタイムの作品を覗いて行って下さいね!w